へしこ酒あらい 半身
へしこ酒あらい 半身
へしこ酒あらい 半身
1,080円円(税込)
数量を選ぶ
  • お召し上がり方
  • こだわり
  • 販売期間など
そのまま焼かずにお召上がり頂けます。あたたかいご飯にも美味しく、日本酒との相性は抜群。

お刺身で
そのままうすくスライスして生のまま酒肴で。大根のスライス(水でさらしたもの)との相性がとても良く酒肴におすすめの一品。

切り身を焼いて
切り身にして、香ばしく焼いて頂いても美味しい天たつのおさしみへしこ酒あらい。ご飯がすすみます。

きざんでサラダにも
生野菜にきざんだへしこ酒あらいを加え、ドレッシングはかけずに、お好みでバージンオリーブオイルをかけて。

お茶漬けにも
へしこ酒あらいを薄くスライスします。あたたかいご飯にへしこ酒あらいをのせ「ごま」「きざみのり」「ねぎ」「三つ葉」などをちらし、おこのみで「わさび」をのせます。お茶は熱い「番茶」や「ほうじ茶」がおすすめ。※昆布だしなどをかけてお茶漬けにして頂いても美味しくお召し上がり頂けます。(※昆布とかつおで出汁をとり、うすく塩しょうゆ)材料は、へしこ酒あらい 4~5切、ご飯 1杯、 ごま 適量、 きざみのり 適量、ねぎ(または三つ葉) 少々、わさびはお好みで。 番茶(またはほうじ茶)をかけてどうぞ。
へしことは、鯖街道の昔から福井県に伝わる鯖と糠で作られているお魚のお漬物のことです。脂ののった鯖を塩と米ぬかに漬け込み重石をのせて「圧し込む(へしこむ)」ことから「へしこ」とも呼ばれています。お刺身へしこ酒あらいは、この昔ながら製法の国内産へしこさばを、福井県の地酒の酒粕に漬け込んで塩を抜き、さらに酒で洗い流し丁寧に仕上げます。お若い方や福井県外の方でもお召上がりになりやすいようにと、天たつが2年かがりで製法を考案し、2008年度の新商品として登場いたしました。新しい食感・まろやかな味わいをお楽しみ頂けるおさしみへしこ酒あらい。口に入れた時に感じるへしこ独特の塩辛さがやわらぎ、さばと糠(ぬか)の甘みを際立たせた一品です。
通年販売
商品番号 T-33010
内容量 へしこ酒あらい 半身
原料原産地 糠さば(まさば(国産)、米糠、食塩、糀、唐辛子、魚汁(うるめいわしの魚醤油))、酒粕、酒、みりん、砂糖
賞味期限 冷蔵60日
栄養成分 エネルギー296kcal、たんぱく質23.3g、脂質19.5g,炭水化物6.4g、食塩相当量9.5g (100gあたり)
アレルギー成分 さば

お知らせ