下野隆祥様のご講義を体験させていただきました

こんにちは
福井雲丹商 天たつ 十一代目店主 天野準一です
昨日、メートル・ド・セルヴィスの会顧問 下野隆祥様に福井までお越しいただき、福井の飲食店サービスの皆様へのご講義をいただき、飲食店ではないのですが私も末席にて参加をさせていただきました。
少人数でのご講義となり、下野様の静かな語り口とエレガントで無駄のない美しい動きに終始見とれておりました。
弊社天たつでは今は飲食は提供しておりませんが、下野様が話されることはすべての接客の仕事に通じる話ばかりで本当に学び多い時間でした。お言葉を抜粋で自分の覚書きとして書いておきます。

・作業は入り口を向いて行う
・椅子の後ろからセットを行う
・皿の方向はロゴが正立になるように
・一動作ごとに場の確認をする
・起点を常に同じにする
・お客様の前でも、お客様から見えないところでも、同じ動作で同じ道具で仕事を行う

上記の言葉だけでは一見わかるようなわからないようなかもしれませんが、この言葉の前後背景にお客様へのホスピタリティが詰め込まれておりました。
それらを毎日毎組のお客様に行い続けて来られたことで、皿を置くという一つの動作に対してしても美しさを感じたのだと感じます。
PHP新書より「世界一のサービス 10年前のお客さまを忘れない」を出されていますので、よろしければお読みください。
今回のご講義は本当に感動をいたしました。
次回は10月と11月にもご講義のために福井までお越しいただけるとのことで、今から楽しみです。
本日も最後までお読みいただき誠にありがとうございました。