2012/3/19 越前うに屋11代目 かにの華秘話

かにの華_convert_20120319091026
DSC05630_convert_20120319091041.jpg
P3_イメージ_convert_20111210093338
越前雲丹(えちぜんうに) 天たつ 
おはようございます!
今朝の福井はアラレが降っていました!
寒いと思ったら、例年3月に雪がふる事はあるのですが一瞬季節が逆戻りしたような感じがして、なんとも不思議な感じです。
3歩進んで2歩下がる。
季節も一歩一歩ですね。
さて、天たつにかにの華という商品が有ります。
コレは一時期原料が入らずに製造がストップしていた商品。
手間も相当かかるのですが、なかなか根強い人気を頂いており今春原料を入れれるだけ仕入れて、限定200個の販売をやりました。
このかにの華、昭和の中盤より以前から扱いのある商品。
もともと昔の越前海岸で蟹が取れすぎたときに保存させるために開発されたものでした。
それが蟹の取れ高も減少し、今はカナダの蟹を使って製造しています。
もともとの商品の成り立ちと少し離れましたが、このかにの華自体味がよく、長く人気を頂いている商品としてこれまで扱ってきました。
それが昨年の春の事。
「もう原料が入らん、入っても高すぎる。」
社長が仕入れ先から聞いた話でした。
それから手持ちの商品を販売していましたが、昨年冬には完全に販売を中止していました。
そんな中今年の春販売に踏み切ったのも、きっかけはお客様の声でした。
「かにの華もう販売しないの?」
「いつになったら販売始めるの?」
などたくさんお声をいただきました。
お声にこたえたいのですが、原料が無い・・
今回カナダの蟹を仕入れ、まずは数量限定で販売を再開しました。
ただ今のままでは販売を続けるには難しい商品になっているのも事実。
企業努力の問われるところです・・
すぐには答えが出ませんが、解決しなければいけない問題の一つなのは確か。
必ず解決し今年中には答えを出すつもりでおります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA