10/3 11代目福井の甘えび、魅力発信!!

おはようございます!
今朝は天気がとっても良いのですが、冷えますね。
冬に駆け足で近づいてる様な幹事の、今日この頃です。
昨日も商品開発のために工場へ行きました。
今取り組んでいるのは「福井の甘えび」を使った商品。
福井はいろいろとおいしい海産物がとれます。
今の時期ですと、すでにご紹介しています「若狭かれい」「秋サバ」や「秋刀魚」「赤カレイ」なども美味しいのですが、「甘えび」を忘れてはいけません。
DSC02281_convert_20110929093234.jpg
福井産甘えびは9月にはいって底引き網漁の解禁と共に取れ始めます。
この時季は冬の産卵を控えて、栄養をたっぷりと蓄えており、甘味がます時季、といわれています。
実際今の甘えびを食べると、本当に甘くて美味しいんです。
こんなに良い素材を使わない手はない、と思いただ今思考錯誤中。
皆さまに福井の甘えびをいろいろな形で堪能頂けたらと思っています。
まずは先日、今期の販売が始まりました、甘えび昆布〆のご紹介です!
福井でとれた甘えびを一尾一尾手で殻をむきます。
丁寧にむき、甘えびの一番美味しい部分「尻尾の先」まで残します。
剥き身になった甘えびを昆布ではさみ、木樽に詰めます。
甘えびの濃厚な甘味と、昆布の旨味をバランスよく感じられるよう、賞味期限は5日間だけ。
この甘えび昆布〆、冬の期間だけの販売になります。
酒の肴に、ご飯のおかずに、天たつの甘えび昆布〆をぜひご賞味みくださいませ!
DSC02345_convert_20110929093105.jpg
本日も天たつ片町本店越前仕立て汐雲丹若狭かれい一夜干し甘えび昆布〆販売】は9時~18時で営業いたします。
今日も一日よろしくお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA