今月のドラッガー氏の読書本は「実践するドラッガー チーム編」です

現在同級生4人と一緒に「ふくいドラッガー研究会」なる会を行っています。

 

私含めて5人は皆会社の経営者でありこれから社長になるという後継者。

みな悩みは同じで考えていることもだいたい一緒ということで、経営の勉強をしようと思い立ち開いた会です。

想えば昨年4月に友人に声をかけ、それから徐々に人数が増え現在5人に落ち着いています。

勉強するにはこれくらいの人数がちょうどよい気がします。

 

 

さて、今月は「実践するドラッガー チーム編」という本を課題の本に読んでいます。

ふくいドラッガー研究会6月の課題本「写実践するドラッガーチーム編」

ふくいドラッガー研究会6月の課題本「写実践するドラッガーチーム編」

 

この会では毎月ドラッガー関係の課題本を一冊出し、それを読み自社に対してできることを考えて皆に発表をするということをやっています。

今回まだ読み進めている途中なのですが気になるワードが。

 

「自ら評価を測定する」

 

自分の仕事は優れたものだったか、一生懸命やった仕事は何か、一生懸命できなかったことや失敗した仕事は何か、を定期的に自問し自信の答えを出す。

そのうえで自分の集中すべきことを見極め明日につなぐ、ということです。

 

言うは易し、行うは難し。

でもやった人だけがまえにすすめるんだろうな、と思います。

 

まずは今日、今週の振り返りと明日(来週)に向けての課題を自問してようとおもいます!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>