吾唯足るを知る

会社のトイレの手洗い場所の水の受け皿が小さく周りに水が飛び散りやすくて「変えたい」と前々から考えていたのですが、今、賃貸の一軒家に住んでおり、トイレの手洗い場所の水の受け皿がさらに小さく、家族でどうすれば水が飛び散らないように手が洗えるか工夫しながら使っています。

そして今朝、会社のトイレの手洗い場で手を洗った時に「広い受け皿だ」と感じました。

 

人は比べて初めてそのものの価値がわかるものと思います。

しかし、在ることに感謝ができるようになれたらどんなに素敵か。

どんなに人生が幸せか。

朝、トイレの中で、そうなりたいと思いました。

新宿伊勢丹百貨店催事販売 本日4日目となりました

毎年6月末と12月頭ころに伊勢丹百貨店新宿本店の地下一階にて商品の販売会をさせていただいております。

 

現在真っ只中の4日目となりました。

近年こういった県外での催事販売は社長である私天野準一が店頭で販売することが少なくなってきておりましたが、これからは福井外での販売活動には私が立たせていただこうと考えております。

 

社長がお客様の声や表情、仕草を肌で感じてわかっていなければ経営はできないと考えています。

こういった弊社天たつのことがあまり知られていない土地でお客様と話しながら商品を伝えていくことはとても勉強になり、色々なことを考えるきっかけになり、商品も購入いただけてとても有り難いです。

なにより、お客様の喜んでいただける顔を間近で見れること、私の目標である「未だ汐うにを知らない人に、小さな感動をお届けする」が目の前で実現できる環境がとても幸せです。

 

そして、疲れてきたら、家族の声を聞けばまた元気も湧いてきます。

さ、今日も張り切って!

 

食の合戦長野2017へ福井代表という気概で参加をさせていただきました

2017年11月23日に長野県で開催されました「食の合戦 長野2017」にて福井市のPRブースで越前仕立て汐うにの試食販売会をさせていただきました。

福井からは天たつだけの出店ということで、福井代表としての気概をもって気合を入れて試食をお出しし、テレビにも出演させて頂き時間枠いっぱい喋りまくって福井のPRをさせて頂きました。

福井市市役所職員様にもお手伝いを頂きながら、予想以上の反響を頂き当日ご用意した越前仕立て汐うには完売し、持っていった商品の2/3が売り切れをいたしました。

 

まだまだ日本国内でもやらなけれなばいけないことがある、と強く感じつつ今回のご縁に大変感謝をした次第でございます。

このたびご来場いただきましたお客様に、そしてこのような機会を頂きました福井市様、そして福井観光コンベンションビューロー様に、心より感謝申し上げます。

夜の片町を、若旦那とまち歩き

昨日、ふくい片町青年会と福井観光コンベンションビューロ‐様主催で夜の片町を若旦那衆が案内するまち歩きを開催し、西尾食品の西尾さんと私天野準一が参加された皆さんをご案内いたしました。

 

第二回となり、前回は日本酒やバーをテーマにしたため男性も多かったのですが、今回はワインをテーマにしたことも有り12人の参加のウチ11人が女性でした。

 

私は生まれも育ちも福井市片町です。

私の大好きなわが町片町は実は、たくさんの美味しい飲食店が有り、女性も楽しいお店もあり、そんな片町がもつ魅力を伝えられるこの企画は私も大好きです。

 

昨日参加された皆様も楽しんで頂けたようで、本当に嬉しくありがたく思いました。

昨日、某テレビ局に電話した時の一コマ

所用で某テレビ局に電話し、対応のお姉さんに「こんにちは、天たつ(てんたつ)の天野(あまの)と申します」と言ったところ、「天気予報士の天達(あまたつ)さんですね!お疲れ様です!」と元気にかえってきました。

ひとしきり弊社天たつのことを説明し、理解していただきました。

ふと、いつかどこかで、天達天気予報士にお会いできたらいいなぁ、と思いました。

 

一言で報われる

お客様より、「私は福井の三国の生まれやから、三国の安い汐うにもよく買うけれど、初めて汐うにを人にプレゼントする時は天たつさんの汐うにに決めているの。やっぱり味が違うもの。」というお声をいただきました。

とても嬉しく思います。

汐うにという一つの食べ物にこだわりきって、甘いウニと、苦味のあるウニと、香りの強いウニと、さっぱりとしたウニと、使うバフンウニの味の特徴に合わせて塩加減をし、長いもので1年以上寝かせたり、作りたてをすぐに使ったり、一年中お客様に「やっぱり美味しいね」と言っていただけるような汐うにを提供し続けられるようこれまでやってきたことが、お客様の一言で報われることが有ります。

 

本当に、うれしいです。

『僕はうにが嫌いだったけど、天たつさんの汐うにを食べてうにが好きになりました』

先日明道中学校の生徒さんが会社見学に来られ、お礼状をいただいた中にこんな言葉が。
『僕はうにが嫌いだったけど、天たつさんの汐うにを食べてうにが好きになりました』
嬉しいなぁ、という気持ちとホッとした気持ちが湧きました。
本当に良かったです。

このタイミングで美味しいと思えるウニに触れてもらえて。
少し、天たつも世の中に貢献できているような気になれました。
あぁ、嬉しいなぁ

キャプチャ

フレンチ料理の世界的コンクール『メートルキュイジニエ・ド・フランス"ジャン・シリンジャー杯”』の授賞式に参加をさせていただきました

先日2017年10月30日にフレンチ料理の世界的コンクール『メートルキュイジニエ・ド・フランス"ジャン・シリンジャー杯”』の授賞式に参加をさせていただきました。

福井県ブースにて新米いちほまれ、高村作刃物、福井の物産と共に天たつの越前仕立て汐うにも展示させていただき、多くのシェフの方達に福井の食文化である汐うにをお試しいただけました。

キャプチャ

 

色々なご意見を頂き、すごく美味しいと言ってくださる方も何人もいらっしゃり、とても幸せな時間を過ごさせていただきました。

その中で大阪リッツカールトンホテル様食ご担当の方とお会いし、現在御料理の中で天たつの粉うにをお使いいただいているというお話もお聞きし、恥ずかしながら存じ上げず、思わぬ幸せに鳥肌がたってしまいました。

 

数日前2017年10月27日にフランスの三ツ星レストランレジス・エ・ジャック・マルコンのオーナーシェフであり、フレンチ界の巨匠レジス・マルコン氏が福井にお越しくださり汐うにをご賞味いただいており、この会場でもマルコン氏のお店で修行をされたメゾン・ド・タカ高山シェフと一緒にわざわざブースまで来てくださり汐うにをお召し上がりになられました。

200年以上ほぼ福井の中だけで食されてきた汐うにが、世界の一流シェフ達に喜ばれる。

とても幸せな気分でした。

福井には美味しいものがたくさんある、ということをもっともっと伝えていきたいと改めて強く思いました。

キャプチャ

フレンチの偉人、レジス・マルコン氏を福井でお迎えさせていただきました

昨日、2017年10月27日に福井市浜町にある料亭「開花亭」様にて、フレンチの偉人レジス・マルコン氏をお迎えし歓迎レセプションが開催され、参列させていただきました。

IMG_0068_convert_20171028111327

福井県知事にもお越しいただき歓迎のお言葉も頂き、開花亭様の美味料理の数々を囲みながら貴重な時間を過ごさせていただきました。

IMG_0069_convert_20171028111407IMG_0070_convert_20171028111427

お食事の際に、弊社天たつの越前仕立て汐うにをご賞味いただきとても喜んで頂くことができました。

 

弊社天たつは創業より213年間、福井で汐うにを商わせて頂いておりますが、当たり前でありますがまだまだ知らない方が多くいらっしゃいます。

しかし、今回のレジス・マルコン氏のように食べるとお口にあって喜んでいただける方は日本中、世界中にたくさんいらっしゃるかと思います。

日本中、世界中のまだ汐うにを召し上がられたことのない皆様にご紹介さて頂き、「美味しいね」と言っていただけることが私の夢です。

そういった意味でも、昨日も大変幸せな時間を過ごさせていただきました。

ご縁をいただき、お心配りいただいた開華亭様、ご関係の皆様に心より感謝申し上げます。

IMG_0072_convert_20171028111446

 

 

福井城下地図柄の手提げ袋を上質なものに変更しました

このたび天たつの手提げ袋を「福井城下地図」柄に統一し、より上質なものに変更いたしました。

お客様から喜んでいただける天たつのサービスの中に、「手提げ袋」があります。
天たつは旧福井藩主松平家御用達であった関係で、松平の御殿様より旧藩時代の福井城下地図を下賜いただいておりました。
その地図を天たつの手提げ袋には印刷させていただいております。

これまで地図柄以外の手提げ袋も在ったのですが、すべて福井城下地図の柄に統一し、紙製手提げ袋の紙質と持ち手の部分に使用する紙をより上質なものに変えさせていただきました。

お持ちになるお客様、皆様に福井の豊かな歴史を少しでも感じて頂けたら嬉しく思います。

 

IMG_5044_convert_20170310101546