伊藤酒造合資会社蔵元杜氏伊藤さんの熱い思いを聞きました。福井の地酒の魅力が広まると嬉しいです

先日福井市にあります伊藤酒造さんにお邪魔いたしました。

伊藤酒造蔵元杜氏の伊藤さんと天たつ11代目天野準一の対談

伊藤酒造蔵元杜氏の伊藤さんと天たつ11代目天野準一の対談

天たつでは夏、冬に季節のパンフレットを出しているのですが、数年前よりその中に福井の酒造を訪問してお酒の話をお聞きしそのお酒を販売するという特集ページを組んでいます。

2015年の今冬は伊藤酒造さんの辛口純米吟醸酒を販売させていただきます。

 

このお酒は大変良いお酒です。

すっきりとした辛口のお酒で、香りもほど良く食中酒として美味しくお召し上がりいただけるとてもバランスの良いお酒かと思います。

常温や少し冷やしても美味しいと思いますが、これからの季節ぬるめに燗をして飲まれても良いと思います。

 

蔵元杜氏の伊藤さんは以前より交友を持たせていただいていたので個人的にお話は聞いていましたが、改めてとても良いお話を聞くことができました。

自分に振り返って「あっ、そうだ」と思えることがたくさんあり、特に伊藤さんの夢である「一人でも多くの人にやっぱり伊藤酒造さんのお酒がいい、と言ってもらいたい」という食を扱う者として原点にある思いを胸に持ち美味い酒造りに注力されている姿勢は改めて見習わなければいけないと思いました。

 

福井の地酒は福井の土地に育まれた、福井の文化です。

福井は全国的に見ても人口の割合から言うと酒蔵が多い土地です。

それはなぜかといますと、昔から米がとれる土地であるということもありますが、「土地の人間が飲む酒」がその土地ごとにあり土地の人間がその酒を守ってこれまで来ているからなのです。

 

個人的にお酒が好きなこともありいろいろなお酒を飲みます。

最近は香りよい飲みやすいお酒がはやっているかと思います。

もちろん今の流れに乗ることも大切かと思いますが、今回の伊藤酒造さんもそうですがこれまで訪れた酒蔵さん達はそれぞれに自蔵のアイデンティティを持っていらっしゃいました。

伊藤酒造さんは「福井にこだわり、福井の米、福井の水、福井の酵母で今の人が好む美味い酒を造る」という芯をもち酒造りをされています。

 

福井のお酒はそれぞれに特徴がありそれぞれに美味い。

そんな想いを聞きながら飲むとまた美味い。

 

天たつはそんな福井の文化である_福井の地酒_をもっと多くの方に知っていただきたいと願っています。

最後は伊藤酒造さんの辛口純米吟醸酒と天たつの汐雲丹で乾杯

最後は伊藤酒造さんの辛口純米吟醸酒と天たつの汐雲丹で乾杯

【福井 天たつ】京都での販売会「京都高島屋味百選催事」出店のご案内です

今年も京都高島屋様で9月28日(月)まで開催される全国から味の一品が集まる催事「グルメのための味百選」が開催され、天たつも出展させていただいております。

ぜひ皆様に汐雲丹、新商品のゆずの甘海老昆布〆、季節商品の甘海老飯の素など天たつの味をご賞味いただけたらと思います。

 

天たつとしても毎年この10日間は京都のお客様と直接お会いしてお話しをし、お礼が伝えられるとても貴重で楽しみな10日間です。

心よりご来店をお待ち申し上げております。

 

************************************

 

【京都高島屋 グルメのための味百選】

日程 : 2015年9月19日(土)~9月28日(月)

時間 : 10:00~20:00(最終日は17:00閉場となります)

場所 : 京都髙島屋 7階催会場

販売商品:

越前仕立て汐うに

粉雲丹

ゆずの甘海老昆布〆(新商品)

汐雲丹飯の素

甘海老飯の素(9月より販売の季節商品)

小鯛飯の素(9月より販売の季節商品)

あわびうに漬け

貝柱うに漬け

甘海老うに漬け

干し雲丹酒あらい「凜」(京都高島屋様限定販売)

へしこ酒あらい

へしこさば

もみわかめ

雲丹豆

うにピーナッツ

身入りカニみそ

 

*************************************

 

バフンウニの状況を見に今年も福井の浜まわりをしました

福井の浜で取れるバフンウニで作った天たつの越前仕立て汐雲丹は最高の風味。近年福井のバフンウニは少なくなってきています。

福井の浜で取れるバフンウニで作った天たつの越前仕立て汐雲丹は最高の風味。近年福井のバフンウニは少なくなってきています。

毎年7月21日~8月のお盆までの期間福井ではバフンウニ漁の解禁となり、その期間だけバフンウニをとって江戸時代より日本三大珍味の一つとして酒の肴に重宝されている福井の名産、越前仕立て汐うにを仕込みます。

天たつでは例年7月末頃に各浜を回ってバフンウニの取れている状況を見て回っており、今年も7月23日に福井県沿岸の各浜を車でまわってきました。

海女さんたちと話していて聞く言葉は同じで、「今年もウニが減ったわ。」でした。

どの浜も取れているバフンウニの量は少なく、あまりの少なさに2,3日海に潜って今年はそれ以上はとらないという浜もいくつもありました。

 

バフンウニはわりと岸に近い浅瀬の岩場にいます。

深い所にもいるのですが、深い所のバフンウニをとるのは大変で対外海女さんは少し潜ればとれるような浅瀬でバフンウニをとるのが多いのですが、今浅瀬にバフンウニはいません。

夏の暑さで浅瀬の海水温が上昇しバフンウニが住めない環境になっていることが考えられます。

 

深い所に潜ってバフンウニをとることは海女さんにも大変苦労が多く、しかもたくさんの量をとることができません。

今年でバフンウニをとるのをやめる、という海女さんもいました。

少ないバフンウニの収穫量では生活ができないため他の仕事をする、とのことでした。

福井のバフンウニは本当に少なくなってきています。

 

年々少なくなっている福井のバフンウニですが、大変風味良い越前仕立て汐雲丹を作ることができます。

この美味しい福井のバフンウニで作る越前仕立て汐雲丹(しおうに)をできるだけ多くの皆様にご賞味いただきたいと願っております。

 

新物越前仕立て汐雲丹販売会 in オオサカ髙島屋様のご案内です

天たつは2015年8月5日より11日の7日間、大阪にありますなんば高島屋様地下一階味百選売場にて_新物越前仕立て汐雲丹販売会_を開催します。

ぜひお立ち寄りいただき、福井の夏の磯の香りをお楽しみいただけたらと思います。

 

*********************************

【天たつ】新物越前仕立て汐雲丹販売会 in オオサカ高島屋様のご案内です

日程 : 2015年8月5日 から 8月11日

時間 : 10:00 から 20:00

場所 : オオサカ髙島屋 地下一階 味百選売場  大阪市中央区難波5丁目1番5号  (06)6631-1101

商品 :

新物越前仕立て汐雲丹

粉雲丹

干雲丹

汐雲丹飯の素

へしこ酒あらい

甘海老昆布〆

平目昆布〆

このわた

カラスミ

ばちこ

冷漬け各種

カニみそ缶

雲丹豆

雲丹ピーナッツ

もみわかめ

***************************************

 

福井では毎年7月21日からお盆までの1か月間越前仕立て汐雲丹の原料でありますバフンウニの漁が解禁され、8月の頭ころから新物が販売となります。

今年も新物の販売開始となり、オオサカ髙島屋様にて大阪の皆様にご紹介させていただけることとなりました。

ぜひ福井の夏の風物詩_新物越前仕立て汐雲丹_の濃厚な磯の香りと旨味を大阪の皆様にお楽しみいただけたらと思います。

 

 

HACCP講習会に参加をしました

昨日までの3日間_2015年7月22日23日24日、東京八重洲にて開催されましたHACCP講習会に参加をしHACCP取得に向けた基本的な事を学ばせていただきました。

 

これまで天たつとしてHACCPに取り組んだことはなかったのですが2つの目標があり今回受講をさせていただきました。

1つは「食の安全」をさらに確実なものにするためです。

これまで自社基準で食の安心安全を守ってきたのですが、体系的な考えを学ぶことでさらなる「食の安全」に向けて進みたいと考えました。

事実今回受講して学ばせていただいたことは、食の安全という観点からは大変レベルの高いもので食を扱う上で重要なことがたくさんありました。

食をご提供するうえで「美味しい」はもちろん大切なのですがさらに重要なのが「食べて安全であるか」ということだと思います。

基本的なことですが近年食の安全を揺るがす事件がたくさん起きています。

HACCPというより安全に食をお届けする体系的な動きをすることで前提となる「食の安全」を目に見える形にしたいと思います。

 

 

そして2つ目が私の夢であります「世界中の皆さんに越前仕立て汐雲丹(しおうに)を食べていただき小さな感動をお届けしたい」ということに向けて進むためでした。

 

まだ汐雲丹を召し上がったことのない方は世界中にたくさんいらっしゃいます。

日本にもたくさんいらっしゃいます。

 

私が福井からでて東京、大阪などで越前仕立て汐雲丹の販売をさせていただくと必ず聞ける大変うれしい言葉が、

「なにこれ!?美味い!」

です。

一度県外に販売に行きますと必ず数回は頂けるありがたい言葉です。

 

越前仕立て汐雲丹は200年ほど前から天たつで扱い、福井ではぐくまれた雲丹の贅沢な食べ物です。

濃厚な旨味を持ち、磯の香り濃く、お酒の肴やご飯にのせて食べると大変美味なもので江戸の当時から「日本三大珍味の一つ」と言われております。

 

この日本三大珍味の一つでもあります「越前仕立て汐雲丹」を世界中の方たちに食べていただき、おそらくこれでであったことのない汐雲丹の旨味を味わっていただき、小さな感動とともに喜んでいただけたらと願っております。

 

世界の皆さんにお届けするために必要な資格がたとえばアメリカであればUSHACCP、ヨーロッパであればEUHACCPとなり、今回受講した講習の先にある資格となります。

一歩一歩越前仕立て汐雲丹で世界中の皆さんに喜んでいただくという夢に近づいていきたいと思います。

 

今回の講習では仲間にも恵まれ大変意義深いものでした。

企画された大日本水産会様、本当にありがとうございました。

 

大日本水産会様主催のHACCP講習会にて天たつ天野準一の修了証明書をいただきました

大日本水産会様主催のHACCP講習会にて天たつ天野準一の修了証明書をいただきました

新宿伊勢丹百貨店本店様にて商品の販売をさせていただきます

天たつは2015年6月17日~23日の7日間(10:00~20:00)東京新宿にあります伊勢丹百貨店本店様地下1階フードコレクションにて商品の販売をさせていただきます。

 

今回の販売催しのテーマは「家族の団欒を演出する食」ということで家族が食卓を囲む際に喜ばれる食を扱うお店が全国から数店出店されます。

天たつは今回父の日が近いこともあり、ご自宅でお父様とお酒を飲まれる際の気のきいたお酒の肴にお使いいただける商品を、また離れて住むご家族への贈り物にもお使いいただけますギフトパッケージの商品をご用意しております。

 

お近くにお立ち寄りの際にはぜひお立ち寄りいただけたらと思います。

私天野準一は所用で19日、20日の二日間は売り場を不在にしておりますがそのほかの日は新宿伊勢丹百貨店地下1階フードコレクション売り場にて皆様をお迎えさせていただきます。

ご来場心よりお待ち申し上げております。

*********************************

【新宿伊勢丹百貨店本店 地下1階フードコレクション催事 天たつ商品一覧】

越前仕立て汐雲丹

粉雲丹

干雲丹

へしこ酒あらい

甘海老昆布〆

平目昆布〆

このわた

からすみ

ばちこ

雲丹豆

雲丹ぴーなっつ

カニみそ缶

*************************************

ミラノ万博出展の感想も含めたご報告

2015年5月12日から16日の5日間たくさんのイタリアの皆様、ヨーロッパ各国の皆様に「越前仕立て汐雲丹(しおうに)」「粉雲丹(こなうに)」のご紹介をさせていただき、予想以上にご好評をいただきました。

 

 

2015年イタリアミラノ万博では日本パビリオンでの展示としては開始から2番目、5月12日から16日までの5日間出展し来場者の皆様にご紹介させていただきました。

 

日本館はミラノ万博会場の裏口近くにあり正面ゲートから歩いて30分という立地です。

裏口には大型バスの駐車場があり、団体の来場者は裏口から入場されますので来られた来場者の中には見学に来られた学生さんもたくさんいらっしゃいました。

 

AM10時オープンなのですが10時すぐには来場者は展示ブースにはいらっしゃらず、まずは日本パビリオンにあるメイン展示を見学され、その後にメイン展示出口横にある我々が出展しました企画展示ブース広場まで足を運んでくださる流れができていました。

 

 

日本パビリオンの企画展示をする場所は2階にあり、ミラノ万博のメイン通路を歩いている人たちからは見えない場所になります。

ですので基本的に来られる方たちは日本パビリオンメイン展示見学を終え出てきた方たち、もしくは企画展示ブース横にあります日本パビリオンレストランブースに立ち寄られた方、となります。

 

 

企画展示ブースに立ち寄られる人数には時間によって波があります。

先にも書きましたが、まず第一波が10:40頃に来て一定時間おきにどっと来場者が来られます。

といいますのも日本パビリオンのメイン展示の入場で人数制限をしており、メイン展示から出てこられるタイミングで企画展示場所は込み合います。

 

話はぞれますが、日本パビリオンのメイン展示は大変すばらしいものでした。

他の国のパビリオンもいろいろと見ましたが日本のものは大変良く、一見の価値はあるかと思います。

 

日本パビリオンから出店者に対してのお願い事もいくつかあり、決められた枠の中での出店となりしたが天たつとしては大変に成果のある5日間でした。

 

イタリアの皆さん、ヨーロッパ各国の皆さんの「越前仕立て汐雲丹」「粉雲丹」に対する評価は日本で感じる評価とほぼ同程度の高い評価をいただきました。

 

天たつは一年間で7,8回ほど東京や大阪など県外で販売をさせていただいております。

その際初めて「越前仕立て汐雲丹」「粉雲丹」を食べる方に試食とともに感想を聞くと8~9割の方に「これは何!?美味い!」と嬉しい声をいただけます。

 

イタリアは地中海に面しており、ウニも元々食べていたという文化があることもあるかと思いますが、イタリアの皆さんの予想以上の高評価に大変うれしく思いました。

 

今はまだイタリアへの「越前仕立て汐雲丹」「粉雲丹」の販売をすることは、天たつとして準備が整っていないためできません。

しかし、いつかイタリアの皆様にも「越前仕立て汐雲丹」「粉雲丹」を食べていただける日が来るよう進めたいと思います。

 

越前仕立て汐雲丹、粉雲丹はイタリアミラノでも喜んでもらえる!!

 

天たつの越前仕立て汐雲丹、粉雲丹はイタリアミラノのミラノ万博でも好評でした

天たつの越前仕立て汐雲丹、粉雲丹はイタリアミラノのミラノ万博でも好評でした

天たつは2015年5月からイタリアミラノで開催されております「ミラノ万博」に出展させていただき、大変成果のある時間をすごさせていただきました。

 

ミラノ万博は5月から10月まで開催され各国がパビリオンを設け今回の万博のテーマである「食」にちなんだ展示、企画を展開しています。

日本パビリオンではイベント広場におきまして週替わりで企画を展開しており、今回5月12日から16日までの5日間、「本場の本物_世界に誇る日本の伝統食品」企画にて天たつより私天野準一がミラノに行きイタリアの方、ヨーロッパ各地から来られた方に「越前仕立て汐雲丹(しおうに)」「粉雲丹(こなうに)」をご紹介させていただきました。

 

「越前仕立て汐雲丹」とは200年ほど前から天たつで扱っておりますバフンウニと塩だけで作る福井の高級珍味で日本三大珍味の一つともいわれる一品です。

「粉雲丹」はその汐雲丹を乾燥させて粉にした雲丹のふりかけとなります。

 

5日間をとおして感じたことは、日本福井の伝統食品である「越前仕立て汐雲丹」「粉雲丹」はイタリアでも受け入れてもらえる、ということでした。

イタリアをはじめヨーロッパの皆さんの反応は大変良く、現地の方に、

「これどうやったら買えるの?」

「今買って持って帰れないの?」

と嬉しい声をたくさんいただきました。

 

残念ながらその場での販売はしておらず将来的にイタリアでも販売ができるように進めたい、という話だけをさせていただくにとどまりました。

 

今回初めて海外にて「越前仕立て汐雲丹」「粉雲丹」を紹介させていただき、海外の人にも喜んでもらえるという大きな自信のようなものをいただきました。

日本で食べていただく場合は日本酒の肴や、ご飯にのせて食べていただくことが多いかと思います。

しかしイタリアにはご飯も日本酒もほとんどありません。

 

しかし、ドリアもあればパスタもあればワインがあります。

これから考えねばならないことは、これまでは日本の食のスタイルに合わせていた「越前仕立て汐雲丹」「粉雲丹」を、日本の食のスタイル以外にどう合わせられるかを提案していくことが大事なのだと思います。

 

ベースは変えずに、しかし変えるべきところは変える。

そんな作業になるのでしょうか。

これから私の夢であります、「天たつの食で世界中の皆さんに小さな感動を持っていただく」ために進んでいきたいと思います。

 

このたびお世話になりました日本館の皆様に、そして本場の本物関係者の皆様に心よりお礼申し上げます。

ミラノ万博で初めてのお客さん。越前仕立て汐雲丹、粉雲丹に触れていただきました

ミラノ万博で初めてのお客さん。越前仕立て汐雲丹、粉雲丹に触れていただきました

IMG_6130_convert_20150524073911 IMG_6132_convert_20150524073945 IMG_6129_convert_20150524073843

ミラノ万博会場にてイタリア在住の日本の方に粉雲丹をカルパッチョにかけて食べたい、というお声をいただきました

ミラノ万博会場にてイタリア在住の日本の方に粉雲丹をカルパッチョにかけて食べたい、というお声をいただきました

ミラノ万博日本館会場にてイタリアのマンマより家庭料理にも越前仕立て汐雲丹、粉雲丹が使えるという嬉しいお声をいただきました

ミラノ万博日本館会場にてイタリアのマンマより家庭料理にも越前仕立て汐雲丹、粉雲丹が使えるという嬉しいお声をいただきました

ミラノ万博日本館会場にてイタリアの若い女性にも越前仕立て汐雲丹、粉雲丹は好評でした

ミラノ万博日本館会場にてイタリアの若い女性にも越前仕立て汐雲丹、粉雲丹は好評でした

IMG_6093_convert_20150524074744

GRACIANIさんにておもてなしの気持ちを感じさせていただきました

昨日、兵庫県三宮にありますGRACIANIさんに食事をいただきに伺いました。

 

GRACIANIさんはもともと異人館としてあった建物をレストランとして改築されたフレンチレストランです。

 

副料理長さんが福井にゆかりのある方であるということもあり以前天たつ粉雲丹(こなうに)をお求めに来られたこともありました。

一度伺いたいと思っており、昨日やっとかないました。

 

大変素敵なたたずまいのお店でした。

 

私が伺ったのは仕事の都合もあり開店より少し早めに入らせていただいたのですが、快く迎え入れてくださり、食事をしていますと気がついたら他のお客さんで席が満席になっていました。

 

 

GRACIANIさんで感動体験をさせていただきました。

 

前菜に天たつの「粉雲丹」を使った一品と「海老塩」を使った一品を作って出していただいたのですがそれがまた大変美味しくて一人喜んでおりましたら、私だけではなくてコースを注文されているみなさんに「粉雲丹」と「海老塩」を使った前菜を出してくださっていました。

海老塩をソースに使って仕上げていただいたオマールエビの料理。エビのコクが大変おいしい一品でした。

海老塩をソースに使って仕上げていただいたオマールエビの料理。エビのコクが大変おいしい一品でした。

天たつの粉雲丹を使った前菜です。雲丹好きにはたまらない磯の香りと甘みを感じさせてくれる素晴らしい料理でした。

天たつの粉雲丹を使った前菜です。雲丹好きにはたまらない磯の香りと甘みを感じさせてくれる素晴らしい料理でした。

その都度、

「こちらは福井にある天たつの粉雲丹を使った・・・」

「こちらのソースに天たつの海老塩を入れ・・・」

と説明をしてくださっていました。

 

もう、本当にうれしくて。

それを美味しそうに食べるお客さんの顔がまた嬉しくて。

 

私がお店の予約をしたのが一日前で、ここまで用意をしてくださった気持ちに心より感謝いたします。

そして弊社の商品をあんなに美味しく仕上げていただいたことに、合わせて感謝いたします。

こんな気持ちの良い「おもてなし」を受けられるとは思っていませんでした。

 

粉雲丹を使ったウニの前菜は本当に絶品でした。

ウニ好きにはたまらないのではないかと思います。

 

今回は私一人で行きましたが、次回は家族でぜひまた伺いたいと思います。

GRACIANI総料理長、総料理長と記念写真をとらせていただきました

GRACIANI総料理長、総料理長と記念写真をとらせていただきました

外国欧米の方に粉雲丹(こなうに)をお買い上げいただいた時の感動

現在(2015年4月7日から13日)、日本橋高島屋本店さんにて「春の味百選」催事販売をさせていただいております。

多くのお客様に天たつの「越前仕立て汐雲丹(しおうに)」「粉雲丹(こなうに)」そのほかの美味珍味をご紹介させていただいており、本当にありがたい機会をいただいております。

 

先日の日本橋高島屋さんの売り場に欧米から来られたお客さんがいらっしゃいました。

 

最近私が英語を勉強していたこともあり、片言英語にて商品のご案内をさせていただき、試食をしていただいたのですが最終的に粉雲丹をご購入いただきました。

 

どういう風にお召し上がりになるかををお聞きしたところご飯にかけるとのことでした。

 

私の片言英語が通じたことも嬉しかったのですが、天たつの粉雲丹が日本の方だけではなく欧米の外国の方にも好んでご購入いただけたということが大変うれしく思いました。

 

私の目標は世界中の方に今はまだ知らない雲丹の美味しい感動をお届けすることです。

こうして外国の方に買っていただけたことは大変貴重な経験となりました。

これから自信を持って海外のお客さんにも汐雲丹、粉雲丹をお勧めしていこうと思います。