月別アーカイブ: 2015年2月

清水東小学校で開催されたお仕事探検授業「アントレキッズ」にて天たつの汐雲丹作りを通して仕事のやりがいを伝えました

昨日福井市にあります清水東小学校にて福井商工会議所青年部によるお仕事探検授業「アントレキッズ」が行われ、天たつも参加をさせていただきました。

 

これまで幾度か天たつはアントレキッズに参加をさせていただいていたのですが、今までは講師を私天野準一が務めさせていただいていました。

しかし今回初めてメイン講師を天たつの石田店長がつとめあげました。

天たつの石田店長が初めてのアントレキッズ講師をつとめ仕事の話をさせていただきました

天たつの石田店長が初めてのアントレキッズ講師をつとめ仕事の話をさせていただきました

何日も悩み作り上げた石田アントレキッズは生徒さんたちの反応も上々で良い授業だったと思います。

 

毎回このアントレに参加をさせていただき思うのは、生徒さんたちの素直で率直な反応の素晴らしさです。

今回もたくさんの素直な反応をいただき、とても嬉しく思ったり、改善せねばと考えさせられたり、我々にとってもとっても実りの多い授業になりました。

 

今回の授業は、天たつの仕事の話をし石田店長の仕事の考えを話し、そして生きたバフンウニを子供たちに割ってもらって生うにを取出し、塩をふって日本三大珍味の一つでもあります越前仕立て汐雲丹(しおうに)を作るというものでした。

清水東小学校での天たつアントレキッズでは生徒さんたちに生きたバフンウニを割って生うにを取出し塩を振って、日本三大珍味のひとつ「越前仕立て汐雲丹(しおうに)」を作ってもらいました

清水東小学校での天たつアントレキッズでは生徒さんたちに生きたバフンウニを割って生うにを取出し塩を振って、日本三大珍味のひとつ「越前仕立て汐雲丹(しおうに)」を作ってもらいました

清水東小学校の生徒さんたちが取り出したバフンウニの生うに。頑張りましたね。

清水東小学校の生徒さんたちが取り出したバフンウニの生うに。頑張りましたね。

 

そして最後に出来上がった汐雲丹を食べてもらいました。

 

授業の最初に汐雲丹を食べたことがあるかを聞いたところ全員が食べたことがなく、最後に汐雲丹が美味しかったかと聞きますと11人中10人が、

「汐雲丹美味しかった!」

と言ってくれました。

 

授業が終わった後に、

「この汐雲丹はどこに行けば買えるんですか?」

「もっと汐雲丹ちょうだい!」

と来てくれる生徒さんも。

 

「なんで給食に汐雲丹でないの!?」

と先生に質問をしている生徒さんもいました。

 

なんとも幸せな時間でした。

こんなに素直に喜んでくれて、たくさんの嬉しい言葉をプレゼントしてくれて。

 

授業の中で「仕事のやりがいとは何か」という話がありました。

私の仕事のやりがいはまさに昨日の生徒さん皆さんの声です。

 

昨日は本当に本当にたくさん感動をさせてもらいました。

 

こんな機会をいただけた清水東小学校関係者の皆さんに、そして無理を言って生きたバフンウニを集めてくださった取引先の漁協さんに、そして福井商工会議所青年部の活動に、心より感謝いたします。

 

 

 

棗(なつめ)中学校の皆さんから嬉しいお手紙をいただきました

少し前の話になりますが昨年の11月に福井市にあります棗(なつめ)中学校の生徒さん5人が天たつに職場訪問に来られて天たつの話、私天野準一の仕事の話、越前仕立て汐雲丹(しおうに)の話をさせていただいたことがありました。

 

そのお礼の手紙が先日天たつに届きました。

他の生徒さんに発表するために「新聞」を作ったらしく、その新聞の一部を写真にとって送ってくれたのですが、中身はとても嬉しい内容でした。

 

一部抜粋ですがこのような言葉をいただきました。

 

「天野準一さんは、世界中の人たちに塩うにをおいしいといってほしい、福井の、日本の郷土自慢にしてほしいというのが目標だそうです。僕もあまり好きじゃなかったけど食べられました。」

「僕はうにを食べたことがなく味も知らなかったけど、天たつに行って塩うにのつくり方を教えてもらい、生のうに、塩をかけたうに、塩うに、を食べさせてもらいました。僕は塩うにが一番おいしかったです。」

「うには5,6人でやっても1日2,3キロしかとれないのは、少ないと思いました。僕は雲丹が好きではないけど、美味しかったです。」

「いつか塩うにを食べられるようになりたい」

「戦争の携帯食としてできた塩うにが、今では日本三大珍味のひとつになっていることにびっくりしました。」

「十代目からは今も学び続けているそうです。アドバイスは特にありがたいそうです。やっぱり学んで取り入れることは大事なんだなと思いました。」

「大変なことは、衛生面をしっかりとすることと予定通りになかなか進まないことです。だから臨機応変な対応が必要とのことです。やっぱり仕事をしているとうまくいかないことがあるので大変だなと思いました。」

「僕も将来食べ物をつくり接客をする仕事をしたいので、「働くことは世界を変えること」というの心にとめて頑張りたいです」

「いろんなところから福井を盛り上げていることが分かりました。そのために工夫をしたり、昔からの伝統の味を作り続けたりという努力が必要なんだなと思いました。」

 

大変うれしい声をたくさんいただきました。

天たつの汐雲丹を食べて、「これまで食べたことが無かった、食べられなかったが天たつの汐雲丹は食べられた、美味しかった」という声。

そして将来福井の食を担ってくれるという力強い声。

 

今回もとて意義深い、嬉しい経験をさせていただきました。

本当にありがとうございました。

福井市にある棗(なつめ)中学校の生徒さんたちが先般天たつに職場訪問のお礼の手紙とクラスで作った報告の新聞切り抜きを送ってくれました

福井市にある棗(なつめ)中学校の生徒さんたちが先般天たつに職場訪問のお礼の手紙とクラスで作った報告の新聞切り抜きを送ってくれました

 

春江中学校で職業別選択講座で新入社員二人と講師をさせていただきました

昨日(2015年2月3日)春江中学校で行われました「職業別選択講座」に私天野準一と新入社員2人の三人で講師として参加をさせていただき、生徒の皆さんの前で雲丹屋天たつの仕事についての話を2クラス授業をさせていただきました。

春江中学校で職業別選択講座が行われ天たつより三人講師として参加をさせていただきました

春江中学校で職業別選択講座が行われ天たつより三人講師として参加をさせていただきました

この職業別選択講座は大人が自分のしている仕事の話を生徒の皆さんにすることで生徒の皆さんの将来の職業選択の幅を広げようというもの。

天たつは江戸時代から200年以上続く越前仕立て汐雲丹屋(越前うに)で特殊な仕事ではあると思うのですが、生徒さんたちに何か感じていただけたらと思い話をさせていただきました。

 

私は200年以上続く汐雲丹屋の息子として生まれ、どういった経緯で今仕事をしているのか、何を考えていたのか、そして今はどう考えているかなど話をさせていただきました。

 

昨年春に高校を卒業し入社した新入社員の二人は今回勉強のためと、天たつの中では生徒さんに年が近いこともあり共感してもらえる部分があるのではないかと思い一緒に講師をしていただきました。

春江中学校での職業別選択講座天たつの講師の一人目の錦古里さん。しっかりと仕事のやりがい、メッセージを伝えていただきました

春江中学校での職業別選択講座天たつの講師の一人目の錦古里さん。しっかりと仕事のやりがい、メッセージを伝えていただきました

春江中学校での職業別選択講座、天たつより講師で出た新入社員二人目が鈴木さんでした。仕事の大変さややりがいなどを自分の言葉で伝えていただき、生徒の皆さんにも伝わったのではないかと思います

春江中学校での職業別選択講座、天たつより講師で出た新入社員二人目が鈴木さんでした。仕事の大変さややりがいなどを自分の言葉で伝えていただき、生徒の皆さんにも伝わったのではないかと思います

二人とも数日前からしっかりと準備を進め、自分たちの言葉で実体験、仕事にたいして思っていること、生徒さんへのメッセージなどリアルに伝えてくれました。

 

 

実は坂井市春江町に天たつの食品工場があります。

工場で働いている皆さんにも春江中学校はなじみのある学校でした。

そういうこともあり、こうして天たつの仕事を伝えられたことはとても有難い機会をいただけたと思います。

 

実際行って生徒の皆さんの表情や反応を見ていますととても勉強になりました。

こういえば伝わる、この言い方は伝わらない。

生徒さんは素直な反応をしてくれるのでその場でいろいろ考えながらその場で修正したり、言い方を変えたりしながらあっという間の2時間。

 

こういった機会をいただけたことに、関係者の皆さんに、声をかけてくれた友人に心より感謝しております。