月別アーカイブ: 2014年2月

本日より福井県物産展in大阪なんば高島屋開催です

毎年大阪なんば高島屋にて大々的に開催しております福井県物産展「越前若狭の味と技紀行」も10回目を迎えました。

今年の大阪福井県物産展も本日2/26から3/3までの6日間大阪なんば高島屋7階大催事場にて開催いたします。

 

お近くにお寄りのさいは、ぜひお立ち寄りくださいませ。

*********************************

【大阪タカシマヤ 福井県物産展_第10回越前若狭の味と技紀行】

場所 : 大阪なんば高島屋 7階催事場

日程 : 平成26年2月26日(水)から3月3日(月)10:00から20:00(最終日は17:00閉場)

内容 : 大阪なんば高島屋で開催いたします福井県物産展も10年目をむかえご愛顧いただいている皆様への感謝をこめていろいろな企画でお迎えをさせていただきます。

メインに「郷土の味で満たした全10種。福井の丼!」という企画で各企業が提案する10種類の丼、また丼ネタをご紹介いたします。

天たつでは「天然ぶりヅケ」をご紹介させていただき、皆様のご家庭で「天然ぶりヅケ丼」をお楽しみいただけたらと思っております。

*******************************

 

昨日は準備のために大阪に入ったのですが、気になるお店に寄ってきました。

イケアさんとフライングタイガーコペンハーゲンさんでした。

 

イケアさんはお買い物には何度も寄ったことがあったのですが、改めていってやっぱすごいです。

デザイン性、商品の見せ方、低価格を実現するためのオペレーションのやり方、など大変勉強になりました。

そしてイケアさんでランチをいただき、フライングタイガーコペンハーゲンさんに。

こちらは二回目だったのですが、一緒に行った当店店長は初めてで、大変興奮していました。

 

私も初めていった時は興奮したのを覚えています。

 

すごい人の数で込み合っていて、その中で店員さんが陳列したり商品をチェックしたりしているのですがその格好も店内で販売しているちょっと面白い被り物をしながらしていたり、商品自体もとってもデザインが素敵で「これがこの値段で買えるの!?」といった驚きの価格がついていたりします。

二階建ての店内にある商品数は3000品目ほどとのこと。

圧倒されます。

良い刺激をいただき、勉強させていただきました。

 

 

ふだん天たつの店内にいると見えないことが本当にたくさんあります。

ありがとうございました。

 

 

それでは福井県物産展にて並べている天たつの商品をご案内いたします。

**********************

越前仕立て汐雲丹

粉雲丹

雲丹塩、海老塩

・あわびうに漬け、貝柱うに漬け、甘えびうに漬け

・天然ぶりヅケ

・天然んぶりたたき

・甘えび昆布〆

・へしこ酒あらい

・かに飯の素、甘えび飯の素、天然あわび飯の素、貝柱飯の素

・このわた竹筒入り

・新物バチコ

・板岩のり

・海藻ふりかけ

・天然ブリ西京漬、銀だら西京漬

・のどぐろいしる干し

・若狭かれい一夜干し

・銀だら照焼

・甘えびべっこう焼き

・銀だら西京焼き、鰆西京焼き

・焼き甘鯛一夜干し

・雲丹豆

・雲丹ピーナッツ

・もみわかめ

・黒作り

・蟹の華

・カニみそ、カニみそ身入り

************************

どうぞよろしくお願いいたします。

 

大阪なんば高島屋にて2/26~3/3の6日間「福井県物産展」を開催いたします

今年も福井県物産展が大阪にて開催されます。

お近くの方、福井ゆかりの方、などご友人ご家族と一緒にご来場いただけたらと思います。

 

*********************************

【大阪タカシマヤ 福井県物産展_第10回越前若狭の味と技紀行】

場所 : 大阪なんば高島屋 7階催事場

日程 : 平成26年2月26日(水)から3月3日(月)10:00から20:00(最終日は17:00閉場)

内容 : 大阪なんば高島屋で開催いたします福井県物産展も10年目をむかえご愛顧いただいている皆様への感謝をこめていろいろな企画でお迎えをさせていただきます。

メインに「郷土の味で満たした全10種。福井の丼!」という企画で各企業が提案する10種類の丼、また丼ネタをご紹介いたします。

天たつでは「天然ぶりヅケ」をご紹介させていただき、皆様のご家庭で「天然ぶりヅケ丼」をお楽しみいただけたらと思っております。

*******************************

 

今回で10回目となる大阪での福井県物産展_第10回越前若狭の味と技紀行では福井県物産展のこれまでの集大成としてご来場いただける皆様をお迎えするような企画が組まれています。

 

上記の丼企画をはじめ各店舗の10周年限定の価格、内容の商品の販売、ご当地ユルキャラ達のお迎えなど、にぎやかに皆様をおむかえさせていただきます。

お楽しみにご来場いただけたらと思います。

 

今回天たつが大阪なんば高島屋にお持ちします商品はこちらです。

**********************

・越前仕立て汐雲丹

・粉雲丹

・雲丹塩、海老塩

・あわびうに漬け、貝柱うに漬け、甘えびうに漬け

・天然ぶりヅケ

・天然んぶりたたき

・甘えび昆布〆

・へしこ酒あらい

・かに飯の素、甘えび飯の素、天然あわび飯の素、貝柱飯の素

・このわた竹筒入り

・新物バチコ

・板岩のり

・海藻ふりかけ

・天然ブリ西京漬、銀だら西京漬

・のどぐろいしる干し

・若狭かれい一夜干し

・銀だら照焼

・甘えびべっこう焼き

・銀だら西京焼き、鰆西京焼き

・焼き甘鯛一夜干し

・雲丹豆

・雲丹ピーナッツ

・もみわかめ

・黒作り

・蟹の華

・カニみそ、カニみそ身入り

************************

皆様のご来場心よりお待ちいたしております。

 

 

話しは変わりますが、ご縁とは不思議なものだと先日改めて思うことがありました。

 

2日前に友人の結婚式披露パーティーに出席しました。

この友人とはいろいろと縁があり、生まれる前お互いの祖父が仲良くしており、しかしその友人とはたまたま同じ中学校に入ったことから仲良くなって、聞いたら生年月日も同じという縁を感じずにはいられない感じでした。

 

そして今回、披露パーティーでオープニングの映像を見ていたら新婦のお父様が見たことあるなぁ、と思ったたら以前商売のことをいろいろと教えてくださった御恩ある方。

何とも縁とは不思議なものです。

しかし縁がつながると嬉しい、ありがたいものだと思いました。

その時に久しぶりに少しお話をさせていただき何とも嬉しい気持ちになりました。

 

今回の大阪での福井県物産展でもたくさんのご縁をいただけたらと願っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

片町をふるさととよぶ仲間たちとのこと

昨日「ふくい片町青年会」の会議が行われました。

 

ふくい片町青年会は福井市にある飲み屋街「片町」をもっとにぎわいのある住みよい街にしたくて活動している会です。

 

福井市の片町は福井で一番の飲み屋街としてたくさんの方にご利用いただいています。

しかし、ここ近年若者のお酒離れや、夜の町片町は怖い街、という印象からかお客さんの足は遠のきつつあります。

 

実際私が小さいころ(20年ほど前)は夜になると人がたくさんあるいており、自転車で通るのに進んではとまり進んではとまりじゃないと前に進めなかったのを覚えています。

そのころに比べると本当に街を歩いている人の数は減りました。

 

 

現在ふくい片町青年会には片町をふるさととしている方、活動に興味を持って参加してくれている方、で構成されています。

ふくい片町青年会への入会資格は「片町を愛していること」。

 

 

昨日の話は片町に「食の町」というブランドイメージを作りたい、という話をみんなで意見を出し合い進めていました。

 

片町にはたくさんの飲食店、飲み屋さんがあります。

福井を見渡しても、北陸地区で考えてもここまで小さな地域に凝縮して飲食店が集っている町も数少ないかと思います。

 

当会としてはこの「食の町片町」というブランドイメージで新たなお客さんに来ていただける仕掛けを進めたいと考えています。

 

 

まだまだ考えは煮詰まってはないですが、いい感じで話は進んでいるかと思います。

私たちが昔見た、にぎやかで活気あり笑い声がいろんなところから聞こえる、未来のわれらのふるさと「片町」もそんな町にしていきたいと考えています。

 

 

視察旅行

先日岡山県に視察旅行にいきました。

 

昨年くらいから、今のお客様にも、そしてこれからのお客様にも、よりご満足をいただける商売の形がないものかと模索をしておりました。

県外に出張に行く際にも気になるお店を見に行ったり、新しい商業施設などを見学してきたのですが、今回伺った企業さんは二回目の訪問。

とても気になる企業さんでした。

 

一回目に伺った際に販売店にいき、買い物をさせてもらいながらお店の様子、お客さんの様子などを見ていました。

皆さんとても楽しそうに、ワクワクしながらお買物をされていたのが大変印象的でした。

 

一回目の訪問を終え福井に帰りいろいろと思いだしながら考えていたのですが、やはり素敵なお店だという事で、先方の社長さんにアポをとり、本店店長を連れて行きました。

 

先方の社長さんも快くお話をしてくださり、バックヤードまで見せていただきました。

本当にありがとうございました。

 

 

今回の視察で大変心に残ったのは一番やりたいことは何かを明確にし、それの一番の問題から取り組む、というものでした。

 

今回お話を伺った社長さんのやりたかったことは、お客さんにたくさんの商品を見てもらいたい、というもので単店で販売していても限界があるため販売の展開をし扱い商品を増やしていったというものでした。

 

大変感銘を受けるお話しを聞くことができました。

 

こうしてせっかくお話を伺った以上形にしなければ、と改めて強く思いました。

今私の一番したいことは「お客さんがわくわくしながらお買物をしてもらえること」。

僕が好きなお店はだいたいワクワクします。

 

天たつにきたお客さんにもさらにワクワクしていただけるよう、頑張ります。