月別アーカイブ: 2013年11月

2013年冬御歳暮パンフレットが完成いたしました

今期も天たつ御歳暮用のパンフレットが完成いたしました。

2013年天たつ冬歳暮パンフレット

2013年天たつ冬歳暮パンフレット

 

冬の魚介である若狭かれいを使った「若狭かれい昆布〆」や贅沢な炊き込みご飯の素「天然あわび飯の素」「貝柱飯の素」、温めるだけで美味しい焼き魚「銀だら照焼」など新商品も多数掲載しております。

 

今回のポイントの一つに「汐雲丹談義」があります。

 

福井の酒蔵一本義久保本店副社長久保様とお酒について、汐雲丹についての話をさせていただきそちらも掲載させていただきました。

 

個人的にはなかなか面白い読み物になったかと思うのですがいかがでしょうか。

皆様からのお声をドキドキしながら待とうと思います。

 

 

 

第二回天たつテイスティングパーティー開催!

先週の金曜日に天たつにて年に一、二度開催します「天たつテイスティングパーティー」をおこないました。

 

天たつテイスティングパーティーとは天たつの新商品、季節商品を従業員全員で調理し、おなか一杯食べるという試食会です。

 

今回の献立はこちらです。

 

「前菜」

あわびうに漬け

ふぐ子粕漬け

へしこ酒あらい

甘えび昆布〆

若狭かれい昆布〆

 

「汁物」

スープ(海老塩後のせ)

 

「主菜」

銀だら照焼

若狭かれい一夜干し

甘海老べっこう焼き

のどぐろいしる焼き

 

「飯物」

あわび飯の素

貝柱飯の素

小鯛飯の素

 

「スイーツ」

コーヒーor紅茶

ケーキ各種

 

新商品盛りだくさんです。

 

前回春に開催した時は販売の人間だけで開催し10人ちょっとの参加でしたが今回は工場の人も参加していただき、そして今はまだ学生さんですが来春入社予定の2人にも参加してもらい、16名での試食会でした。

 

天たつテイスティングパーティー①

天たつテイスティングパーティー①

 

天たつテイスティングパーティー②

天たつテイスティングパーティー②

仕事が終わった後での開催ですので小さいお子さんがいる方は子供を連れての参加で、もっぱら準備中は私が子供たちと遊んでいました。

 

 

これだけの大人数で一緒に調理するのはそれはそれで大変ですがみんなでワイワイやっていただけたようでよかったです。

 

そしてみんなで席に着き一緒にいただきました。

 

この試食会は、販売の方には自身の感想をお客さんに伝えることができるようになる、調理のポイントなどを伝えることができるようになる、そして製造の方には商品の改善を自身の実感としてみることができる、新たな商品開発のタネになるという事を考え、より良いサービス、より良い商品作りに役立てられるといいなとおもっています。

 

 

今日からみんなの感想を文章でいただいていくのですが、大変楽しみです。

 

人との出会いこそがすべてかと思いました

昨日は関東よりこれから始まるお取引先さんが福井に足を運んでくださり、大変有意義なお話をさせていただきました。

やはり直接会って話をすると良いことが多いです。

ありがとうございました。

 

 

夜は福井ドラッガー研究会の年内最後の勉強会の日でした。

 

今月の課題本は「チェンジリーダーの条件」です。

毎回読んだ本の中から自社に当てはまる課題を見つけ実践するこの会。

前回の課題本からの自社課題を「ベンチャーの4原則をあてはめる」として、自社の課題を自分なりに考えておりました。

 

今回の本からは「社外相談役」について自社に当てはめ次回への課題といたしました。

天たつは同族企業としてこれまで商いをしてまいりました。

そのなかで第三者的な意見を言うことは、やはり会社の中ではできにくいと思います。

 

外部に相談のできる有識者がいるというのは大変ありがたいこと。

じっくりと見極めながら出会いを求めていきたいと思います。

 

 

 

天たつ研修旅行in京都

先日日帰りで京都にて研修旅行を行いました。

 

 

昨年はお休みしてしまったのですが年に一度程度美味しい食に触れ、新しい店舗、老舗の店舗などを従業員ほぼ全員で見に行くというツアーです。

 

今回は「木乃婦」さんにて昼食をいただき、その後祇園あたりをうろうろとしました。

 

私京都の高島屋さんに年に一度販売によさせていただいており、その時お世話になっている村上重さんの本店に前からいきたいと思っておりましたがなかなか日中販売をしていると寄ることもできず、今回やっとかないました。

 

村上重さんはさすが老舗のお漬物屋さんといったお店で中に入りますとお客さんもたくさんいらっしゃり、店員さんもおちついた接客をされていてとても落ち着く良いお店でした。

千枚漬の販売がちょうど一週間前にはじまったとのことで私も楽しみに購入させてもらいました。

 

 

そして、この旅行の最後は伊右衛門カフェさんにてお茶をいただきました。

 

 

伊右衛門プロデュースとのことで店内は歴史の重厚感と現在の新しい雰囲気が両方あじわえるようなデザインをされていました。

お茶も美味しかったです。

 

 

今回の研修旅行で思ったことです。

お客さんの望んでいることを実際商売の中で打ち出せないとお客さんは来てくれないと思います。

そういう意味では繁盛しているお店というのはお客さんの望んでいることを見える形でご提供できているお店。

商売の全ては顧客から始まる、という言葉がありますがまさにお客さんをちゃんと見ないと行けないと思います。

 

 

話は変わりますが先日から天たつで行っております社内試験のなかにもこの文言を入れ、覚えてきてもらいました。

「顧客を見て、顧客に聞き、顧客の行動を理解して初めて顧客がだれであるか何に価値を見出しているかを知ることができる。顧客は満足を買っている。我々は満足を得るための手段を作り引き渡している。」

この文章は全7問の中の一つでした。

 

こちらの試験は最初に原文を渡し、記憶してもらい、その穴埋め形式のテストを受けてもらうというものですが・・・今のところの合格者の過半数が100点満点という素晴らしい成績です。

 

今回けっこう難しいかなぁ、と思ったのですが本当良く勉強をしてきてくれました。

お疲れさまでございます。

 

今回のテストもそうですが、いろいろな方向から日々勉強をし、実践し、全員が成果を出していけるような会社にしたいと考えております。

余談でした。