月別アーカイブ: 2013年8月

バフンウニ養殖についての研究

昨日は養殖の話について漁業団体さんと話をしてきました。

 

以前より話を進めているバフンウニ養殖の話し。

もともと福井でたくさんとれたバフンウニもここ数年とれる量は激減しています。

ここ十年ほどで1/5程になったのではないでしょうか。

 

それまでも年々とれる量は減ってきていたのですが、最近の減少は本当にいちじるしくこのままいくと福井からバフンウニがいなくなってしまうのではないか、と思ってしまうような数字です。

 

江戸時代から言われています「日本三大珍味」は長崎のカラスミ、知多のコノワタ、越前の汐雲丹(しおうに)です。

しかし知多のコノワタは原料であるナマコのとれる量が少なくなったことやとる方の減少などで近年他の地域でよく作られています。

越前の汐雲丹も同じように原料のバフンウニが取れなくなっており、福井で汐雲丹を作ることができなくなるかもしれません。

 

江戸時代に天たつの3代目が越前仕立て汐雲丹を開発したと聞いております。

その責任という話ではないのですが、江戸時代から汐雲丹を扱っている店として思うのは、昔からある福井の食をなんとか守らなければいけないんじゃないかということです。

 

「時代の流れだからしかたがない」

といえばそれまでなのですが、昔から引き継がれているものにはそれなりの理由があると思います。

福井の方に食べていただき、県外の方に贈られて喜ばれているから今あるのだと思います。

何百年も続いていくのは本来大変なことだと思います。

福井のバフンウニ、汐雲丹の食文化を守るのも天たつの仕事だと考えています。

 

 

福井から汐雲丹がなくならないためにもバフンウニの養殖というのは一つの解決方法だと考えています。

 

まだまだ形になるには時間のかかる話ですが先方さんと協力しながら、天たつにできることをして進めていけたらと思っています。

 

 

 

淡路島へ、そして四国は松山にいってきました

先週土曜日から休みをいただき家族旅行で兵庫県淡路島、そして愛媛県松山の道後温泉に行ってきました。

 

今回淡路島に一泊し、道後温泉に一泊の旅でした。

初めての淡路島はなんだか本州とは違う雰囲気がありました。

山に生えている草木も福井で見るいつもの物とは違い、南国の様相。

大変楽しませていただきました。

 

ホテルにあった植物園も香り良くとても素敵でした

ホテルにあった植物園も香り良くとても素敵でした

 

道後温泉に向かう途中、徳島からアンパンマン列車にのって移動です。

子供たちも大変はしゃいでいました。

徳島発のアンパンマン列車「ゆうゆうアンパンマン号」

徳島発のアンパンマン列車「ゆうゆうアンパンマン号」

 

そして2日目に向かった道後温泉は皆さんもご存じの方が多いかと思うのですが大変古くからお湯のわく温泉地。

温泉街の真ん中に「道後温泉本館」という昔からある公衆浴場がありそこでひとっぷろ浴びることができます。

 

温泉街の中心に道後温泉本館がありました

温泉街の中心に道後温泉本館がありました

 

今回子供が小さかったためはいらなかったのですが、次は絶対行きたいと思います。

 

道後館という温泉宿に泊り、大変気持ちのよい接客をしていただき心地よく過ごさせていただきました。

道後館の温泉は「熱湯」と「ぬる湯」に分かれており、ぬる湯は子供でも入れる温度で初めて子供と一緒に温泉を楽しむことができました。

本当にありがとうございました。

 

ずっと車で移動というなかなか長い旅路ではありましたが(行きは途中で淡路島に泊まったので良かったのですが帰りはずっと運転しっぱなしでみな疲れ果てていました、、)とても良い旅でした。

 

今回は ばたばたとした旅でしたが、次に行くときはゆっくりと過ごす旅もいいなぁ、と思いました。

 

新たな雲丹の可能性を求めて

昨日は福井県食品加工研究所さんに伺いました。

 

実は今年の夏前からちょこちょこと伺っており、ある相談事をしていました。

新たな雲丹の食べ物を作る、作り方の相談でした。

 

今回の試みは時間もコストもかかる可能性のある新商品作りで試作を始める前から相談させてもらっていました。

そして試作の前の段階での実験結果が出たので昨日は伺った次第でした。

 

 

結果は上々。

これからの商品作りが大変楽しみになる結果でした。

 

これでやっと試作をすることができます。

この商品は原料のバフンウニでつくる「越前仕立て汐雲丹(しおうに)」という食べ物の新たな楽しみ、といいますか新たな価値を作る試みです。

 

皆様にお出しできるのはいつになるかはわかりませんが、形になりましたらまたご報告します。

 

 

食品衛生責任者講習会を受講しました

昨日福井県産業会館でおこなわれました「食品衛生責任者講習会」を受講しました。

講義はほぼ満席で20代くらいの若い方から60代くらいの方まで幅広く受講していらっしゃいました。

 

食品衛生責任者講習会に天たつも参加遺しました

食品衛生責任者講習会に天たつも参加遺しました

 

この講習会では店舗や工場で食品を扱ううえで、衛生面を管理する技能を学ぶもので、昨日は朝の9時から17時までみっちりと講義が行われました。

 

基本的な食品衛生とは何か、ということから実践的な方法の話し、学問の話まで幅広い講義で大変ためになるものでした。

 

昨日の受講で考えたことは、食品の衛生を保つうえで重要なことは、そこで働く従事者の意識を高く保つ事だと思います。

衛生責任者の仕事はまずは食品衛生というものへの会社の意識を高め、その意識が薄れないように定期的な手入れやそれぞれの責任で行っていただく会社内食品衛生のシステム作りをすることだと思います。

 

今回こうしていろいろな知識を覚え、さっそく天たつでもできるところから行っていこうと思います。

昨日はありがとうございました。

 

 

二回目のミケランジェロ展へ

昨日は福井県立美術館で開催されていますミケランジェロ展にいってきました。

 

実は以前一度いっているのですが、その時にあまりに時間がなくて充分見ることができずもう一度行きたい、と思い昨日行ってきました。

 

ミケランジェロ展では音声ガイドが有料でレンタルができ、前回は時間がなく借りることができなかったのですが、今回はじっくりと聞きながら回りました。

 

 

もう一度見たかったのは「最後の審判」でした。

 

今回福井に来ているのは縮小版のコピーなのですが、初めて見る私にはとっても印象的で前回も時間をかけてみていたのですが、今回は下調べをしてのぞみました。

今回もやっぱり良かったです。

 

 

たくさんの人がその中には描かれており、一人一人が表情豊かで絵の中での役割があるような気がします。

このミケランジェロ展に来て、初めて触れたお気に入りの作品。

 

ぜひバチカンにあるシスティーナ礼拝堂に、実際行ってみたいと思います。

 

「最後の審判」のファイルを購入しました。ぜひオリジナルを見たいところです

「最後の審判」のファイルを購入しました。ぜひオリジナルを見たいところです

 

帰りは一緒に行った友人とミケランジェロにおもいをはせながらワインを飲み、大変充実した時間を過ごしておりました。。

 

 

福井の海女さん、親父さんに感謝

昨日も雲丹をもらいに浜へ行ってきました。

 

浜の人たちは話をしていますと言葉は乱暴に聞こえますが、付き合っていてとても気持ちの良い人ばかりです。

 

昨日も浜の海女さんと親父さんから雲丹を受取り、しばらく話をしていました。

 

やはり今年はとれる数が少なく、だいぶ苦労されているとのことでした。

ただ話しの中で、

「天たつさんにあげられて、これでなんとか顔が立ったわ」

とおっしゃっていました。

 

私の付き合う浜の人たちは義理深く、お願いされたことは何とかしてやろう、と思ってくださいます。

今回も別に暮らしている子供にあげる分を後回しにして天たつの雲丹を取ってくれた、と笑いながら言っていました。

 

気持ちがとても嬉しいです。

 

 

いただいた雲丹は塩が甘めでとっても美味しい雲丹でした。

 

私はこうして海女さんや浜の親父さんが集めた雲丹を、1人でもたくさんの方に届け、美味しい笑顔が広げられるようこれからも精進します。

 

 

黒船到来!スクエアーが天たつに届きました

いよいよ今年も「新物国産粒うに」が販売開始となりました。

今週の頭8/5より販売を開始しております。

季節のお酒の肴に、どうぞお召し上がりくださいませ。

 

 

話しは変わりますが、先日人の話で聞いたSquare(スクエアー)を早速取り寄せてみました。

 

天たつにSquare(スクエアー)が届きました

天たつにSquare(スクエアー)が届きました

 

スクエアーとはカード決済システムのことで、アメリカ発祥のサービスです。

先日三井住友銀行と提携することで、日本でのサービスが始まりました。

 

スクエアー紹介サイトを見ますとこれまでのカード決済システムの常識では考えられないようなことが書いてあります。

手数料の安さももちろんそうなのですが、驚きなのがお客さんからお支払いいただいて数営業日以内に指定の銀行口座に振り込まれるということ。

 

他にも売り上げの管理(現金も可)ができるなど、ポスレジのような使い方ができます。

 

これだけのことができて、すべて無料で始められるこのサービス。

 

しかも申し込んでから約10日でただ今手元にスクエアーリーダー(無料)も届き、実際使えるようになりました。

 

 

もともとこのサービスを作ったのはツイッターの創業者さん。

第二のイノベーションを起こされています。

本当にすごいです。

 

しかし天たつで使う以上、なんといっても運用も含めた安全性が第一。

そして実際使った時の使い勝手も考慮して、会社で利用させてもらうか考えようと思います。

 

 

昨日は片町の「のちのち」さんで美味しいお酒をいただきました

昨日は片町にあります「のちのち」さんで美味しいお酒と肴をいただいていました。

 

後々さんは最近何度か通わせていただいているお店で、とっても雰囲気の良いお店。

お勧めのお店です。

 

もちろんお料理も美味しいのですが、お酒のラインナップが素敵。

なにせ若女将さんがご自身の好きなお酒だけを置いているのですから間違いがありません。

 

 

昨日は東京から福井に引っ越された昔からお世話になっている方と二人で飲んでいたのですが、大変愉快な時間を過ごさせていただきました。

 

ありがとうございました。

 

ちなみにのちのちさんは私がいつも「ふくい片町青年会」で活動しています拠点「どまんな館」の二階になります。

お店が奥まっているのででわかりにくいですが暖簾をくぐるととても良いお出迎えをしていただけますよ。

 

来年春に卒業する高校生さんが会社見学に来てくれました

昨日は来年春に高校を卒業する生徒さんが天たつに会社見学に来てくれました。

 

今の時期どうしても店内はばたばたしており、整理されてなくて恥ずかしい部分もあったのですが、店頭も、事務所も、バックヤードも見ていただき、少し話をしていました。

 

生徒さんと保護者の方と、二人でいらしたくださり、私が対応させていただき、ざっと天たつの説明をしていますと生徒さんも保護者の方も大変真剣なまなざしで話を聞いてくれていました。

来てくださった生徒さんにしたら自分の人生の大きな時間を費やす「職場」を見つけるために真剣で、保護者の方にしても初めてわが子が社会に出て大丈夫な会社か、と見極めるためにやはり真剣になるのも良くわかります。

 

私が東京にいたころの職探しの事をふと思い出しました。

 

私は一人で東京中をうろうろとしながら仕事を探していたのですが、「自分の仕事は自分で見つけてやる」という気持ちでいろんな会社を見た記憶があります。

 

来年春に天たつに来てくれるかもしれない皆さんにもいろいろな職業の選択肢の中で、「これだ!」という仕事を見つけて悔いのない残りの高校生活を過ごしていただけたらと思います。

 

昨日は私が話しながら、いろいろなこと考えさせていただきました。

ありがとうございます。

 

 

フェニックス祭りにて佐佳枝廼社さんで行いました「歴史体験&灯りのブース」もおかげさまで無事開催することができました

先週土曜日に「福井フェニックス祭り」の中で開催しました福井商工会議所青年部事業「歴史体験&灯りのブース」におきましてたくさんのご来場をいたただきまことにありがとうございました。

 

これまでも福井フェニックス祭りには福井商工会議所青年部として毎年参画をさせていただいていたのですが、今回初めて「歴史体験&灯りのブース」というものを佐佳枝廼社さんで開催しました。

佐佳枝廼社

佐佳枝廼社

 

午前中から設営をし、午後から開催となりました。

 

ブースは5つ。

・越前和紙を使った恐竜クラフト体験

・朝倉氏の甲冑&お姫様着付け体験

・越前和紙の絵付け体験

・越前塗箸の磨き上げ体験

・昭和の遊びブース

 

 

メンバーのご家族がいらっしゃって旦那さんが戦国甲冑を着て用意しました大太刀をもち、奥さんがお姫様の着付けをする場面も。

 

昭和の遊びブースではたくさんのお子さんが遊んでいきました

昭和の遊びブースではたくさんのお子さんが遊んでいきました

来場者数は告知が十分できずにそこまで多くはなかったのですが、来ていただいた方にはきっと喜んでいただけたのではないかと思います。

 

ご来場された方を見ていますとだいたい平均で3ブースくらいは回っていたのではないかと思います。

自分で言うのもなんですが、コンテンツの内容は本当に良かったです。

 

 

夜は行燈を参道の両脇に並べ光の演出と、昼間参加された皆さんに書いていただいた「将来の夢札」のお焚き上げを行いました。

行燈だけで照らされた暗い境内で行うお焚き上げの神事がとても幻想的でした。

佐佳枝廼社境内の行燈

佐佳枝廼社境内の行燈

 

来年同じ形でできるかはわかりませんが、まずは一歩目の夏祭りの形を作れたことが本当にうれしく思います。

改めまして、このたび大変お世話になりました佐佳枝廼社様、そしてご来場いただいた皆様に心よりお礼申し上げます。