月別アーカイブ: 2013年3月

32歳の仲間内の経営者の勉強会「ふくいドラッカー研究会」開催です

昨晩は毎月一回開催される経営の勉強会、「ふくいドラッカー研究会」を開催しました。

ふくいドラッカー研究会

最初は友達と、

「ドラッカー勉強しようぜ!」

という感じで始めたこの研究会も今では5人に増え毎月一回熱い勉強会を開催しています。

この会は毎月一冊ドラッカーの本を指定し課題本として読み時、自社にどう生かせるかを考え実行する会。

昨日も、

「うちはこうやる!」

「ここはこうした方がいいんじゃないか!?」

など熱い会話が飛び交っていました。

 

一つ問題なのはみんな熱いので毎回時間がおしてしまうこと・・

これからの会としての課題です。

 

なんにせよ昨日も大変熱い話し合いをありがとうございました!

福井のドラッカー仲間たち

昨日開催した友達の家でいただいた釘煮は最高においしく、そのあとの一人酒の肴に大変重宝しました。

感謝。

頂き物の釘煮と天たつのお酒

 

汐うにのまぜご飯を作ってみました

ただ今天たつでは日本三大珍味越前の汐うにを使ったレシピを考えています。

天たつ片町本店店長の考えてくれた本日の一品がコレです。

汐うにのまぜご飯
汐うにまぜご飯

レシピはこちら。

*******************************

「雲丹まぜご飯レシピ / カップ10食分」
お米 4合
塩雲丹 30g
辛子明太子 1腹
卵 2つ
炒った白ごま 適宜
もみのり(味付けのり) 適宜

「 トッピング用 (お好みで) 」
たらのフィレ切身 3~4切れ
きぬさや 1パック(20~30枚)
食用の小菊 10個
生姜 1かけ
塩 適宜
酒 適宜
昆布出汁 適宜

■作り方
お米4合をといで炊飯器で炊きます。
お米を炊いている間に具材を用意しましょう !
たらを切り身にします。
生姜、酒、塩、昆布出汁をひと煮立ちさせます。
たらの身をうす味で炊きます。
炊けたら煮汁から取り出し、冷ましておきます。
きぬさやを色良くゆがき、冷まします。
辛子明太子の膜をとったり、
錦糸玉子、海苔、ゴマなどを用意しておきましょう。
ご飯が炊けたら、
2合分を雲丹と混ぜます。
残りの2合分は、
明太子と白ゴマで混ぜ合わせましょう。
用意しておいたカップに、
明太子ご飯、海苔、錦糸卵、雲丹ご飯の順に盛り付けます。
お好みで、トッピングの具材を盛り付けます。
たらに雲丹をほんの少しのせると華やかさ増します。
いくらをのせるのもおすすめです(^-^)

■ポイント
雲丹ご飯は、
必ず炊き立てのあつあつのご飯でまぜて下さいね。
保温したご飯だと、混ざりにくいですよ。

******************************

贅沢なまぜご飯ですがとっても美味しいので、「えいや!」と汐うにを使ってぜひ一度お試しくださいませ!

天たつテイスティングパーティーは天たつの商品をおなかいっぱい食べる試食会です

昨日天たつテイスティングパーティーを開催しました。

天たつテイスティングパーティーとは天たつの商品をおなかいっぱい食べてあれやこれやと品評をする試食会になります。
昨日はその一回目でした。

写真 1 (12)

天たつで働くみなさんと私の息子たち、計12名での開催です。
福井駅の近くにありますアオッサの調理室を借りての開催。
皆で分担して調理をします。

写真 2 (9)
天たつ社長も参加です。

 

写真 3 (7)

するめいかのいしる干しを焼きました。

若狭かれい一夜干し

特大の若狭かれい一夜干しを半分に切って焼いたもの。

 

生口子

 

珍味「生口子」です。ナマコの卵巣を薄い塩漬けにしたもの。お酒のあてに美味です。

 

天然ぶりづけ

「天然ぶりづけ」。天然ぶりのお刺身をを甘辛い醤油たれにつけたものです。後かけタレがついているため丼にしても美味。昨日はこのままお刺身のようにワサビをつけていただきました。

 

天然岩のり

 

福井三国町安島でとれた天然の岩のりを板状に干した「板岩のり」をお吸い物にしたてました。

天たつプリズム店森田さんの力作です。

 

海老めしの素 蟹飯の素

 

ご飯ものは「甘えび飯の素」「蟹飯の素」です。

参加してくれた従業員の皆さんもおなかいっぱいになった様子。

時間も押していたので感想は後日に聞くことになり、とにかく天たつの商品をおなかいっぱい食べる会となりました。

 

 

〆のケーキ

 

〆のケーキはペジーブルさん。

ケーキは別腹ですね(^^)

 

この会は年に2回以上開催の予定です。

次回はどういった趣向を凝らそうか、いまから楽しみです。

 

 

 

野生との遭遇

おはようございます。

昨日は福井商工会議所青年部ゴルフコンペに参加してきました。

写真 1 (10)

フクイカントリーゴルフクラブにて開催されたこのコンペ。
久しぶりに話す仲間もいて、大変楽しく回っていたのですが・・・
途中ふと前を見ると黒い影がコースを横切っていました。

熊がでたのか、と一瞬緊張が走ります。
春先の熊は腹を減らしているのであまり近づかない方がよいと聞いたことがあります。

仲間と四人で、話していると黒い影は少しこちらに近づいてきました。

よくよく見ると、カモシカでした。
ずんぐりと丸く太ったカモシカで遠目に見ると熊のようにも見える大きな体。
一安心してみんなで撮影をしました。

カモシカ

こんな出会いも自然の中でするゴルフの楽しみの一つなんでしょう。
感謝。

味百選催事出店のご案内です

この時期昨年も出展させていただきました「日本橋高島屋味百選催事」と「名古屋高島屋味百選催事」に本年も出店することになりました。

それぞれのご案内です。

 

************************

日本橋高島屋 春の味百選催事

会期 : 2013年4月9日~4月15日

場所 : 東京橋高島屋本店8階催会場

時間 : 10:00~20:00(最終日は18:00閉会となります)

************************

 

************************

名古屋高島屋春の味百選催事

会期 : 2013年4月17日~4月23日

場所 : 名古屋高島屋10階催会場

時間 : 10:00~20:00(最終日は17:00閉会となります)

************************

 

また周辺にお住まいの方や、前回の催事にご来場頂いた皆様にはご案内のハガキを送らせていただきます。

年に一度しかお会いすることのできない方とお会いすることのできるとても嬉しい機会である今催事。

楽しみに伺おうと思います。

 

 

今回もご案内のハガキを作っています。

まずは手書きの下案を作りました。

味百選案内はがき

これをきれいに仕上げてくださるデザイナーさんは本当にすごいと思います。

 

ちなみにこちらは2月に作った下書きと実際のハガキです。

写真 2 (5)

 

写真 4 (1)

 

写真 1 (8)

 

写真 3 (5)

プロの仕事のすごさを感じます。

 

何はとも、4月に東京日本橋高島屋さんで、そして名古屋高島屋さんでお会いできますのを楽しみにしております!

 

 

 

 

片町のiphoneアプリ開発中です

おはようございます。

昨日は福井市片町にあります焼き鳥の名門秋吉さんとBarUTAさんで打ち合わせをしていました。

打ち合わせ内容は、「片町のアイフォン用アプリ開発」の話。

以前から若い方にもっと片町のことを知ってもらい、飲み会や食事に利用してもらえないかと考えておりました。
その中の施策の一つがこれです。

まだ開発中で詳細はかけないのですが夜の街としての片町、昼の顔の片町の魅力をアイフォンを通して手軽に触れることができるものになる予定です。

公開できる段階になりましたらまたご報告します。

写真 (8)

今日の福井はとっても温かい朝を迎えています。

いよいよ春が来たような感じです。

三寒四温でまた少し気温が下がって、暖かい日が増えていく。

春が一歩一歩近づいてきています。

 

 

先日新宿にあります京王プラザホテルさんの和食「かがり」さんの中にあります日本酒の頂けるバーカウンター「天乃川」さんにてお食事美味しいお酒をいただきました。

写真 1 (6)

前菜の盛り合わせです。

福井の美味しいお酒「花垣」さん、「わかさ富士」さんといただきました。

 

「天乃川」さんは「かがり」さんの店内の一部にある日本酒バーカウンターで、カウンターの中で料理人さんが作られる料理を見ながらお酒をいただき、目の前で作っていただいたお料理を食べれるというとっても贅沢な気持ちになれる席です。

 

今回ご招待をいただき始めて伺ったのですが、お料理も本当に美味しくて、お料理をされる方とのお話も大変楽しく、とても気持ちの良い時間を過ごさせていただきました。

ぜひ個人的にもまたお伺いしたいと思えるとても良いお店でした。

このたびは美味しいお料理とお酒を本当にありがとうございました。

写真 3 (4)

 

日本人として知らなければいけない沖縄

おはようございます。
今朝の福井は青空ですね。
8,39,10と沖縄をぐるっと旅行し昨日帰ってきました。
今回の沖縄旅行では本当にたくさんのことを学びました。
その中の一つに太平洋戦争の傷跡があります。
今回の沖縄で、旧海軍司令部壕、ひめゆり平和記念資料館、アブチラガマ、を見学し、たくさんの戦時中の資料、物、手紙をみました。
感じた事は、月並みですが戦争は無い方が良い、ということです。
戦争は無情の暴力です。
人間の醜さを凝縮していると感じます。
たくさんの方が亡くなった太平洋戦争での沖縄戦。
必要なのは沖縄で感じた事を他の人に伝えなければいけない、ということだと思いました。
沖縄根拠地隊司令官は本土司令部への最後の電報で「沖縄県民斯ク戦ヘリ
県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」と送りました。
沖縄県民は多くの犠牲を払って国のためと戦っているので後世にわたって優遇してください、という文です。
自決する間際に本部へ送ったこの言葉が人の気持ちだと思います。
当時の方は共に暮らす家族、いつもの仲間を思いそのために戦っていたのだと思います。
繰り返しますが戦争は無い方が良いです。
悲しみしか産まれないと思います。
しかし、忘れては行けないのは太平洋戦争当時戦っていた我々の祖先が「何のために戦っていたか」ということです。
その事を思うとやはりもう戦争をしては行けないのだと思います。