月別アーカイブ: 2013年1月

2012/1/30 越前うに屋11代目 今年も新宿英王百貨店福井物産展へのたくさんのご来場ありがとうございました!

へしこ酒あらいパッケージ_convert_20120526091210
へしこ酒あらい
P1イメージ_convert_20120521091251
越前雲丹(えちぜんうに) 天たつ 
おはようございます!
昨日まで開催されておりました新宿京王百貨店での福井県物産展におきましてたくさんの皆様のご来場をいただき誠にありがとうございました。
今年もこの物産展でしかお会いできない皆様にお会いできて大変嬉しい、有意義な6日間でした。
今回の目標であります、
「お話をする」
という事も私なりにいらっしゃった皆様とできる限りお話しさせてもらいました。
その中で、いくつもの気づきもいただきました。
これからも皆様に喜んでいただけるように商品、サービスの向上につとめて参ります。
ますます張り切っていこうと思います!
ご来場いただいた皆様、そして物産展関係者の皆様、この6日間ほんとうにありがとうございました!

2012/1/29 越前うに屋11代目 新宿京王百貨店福井物産展、本日最終日です!

013_convert_20090516013509.jpg
天然あわびうに漬け
DSC06967_convert_20090808003004.jpg
越前雲丹(えちぜんうに) 天たつ 
おはようございます!
本日、新宿京王百貨店福井県物産展の最終日となります。
毎回のように思うのですが、物産展の6日間はあっという間です。
そして、毎回たくさん勉強させてもらえます。
今回もたくさんの方とお話をさせてもらい、たくさんの気づきをいただきました。
直接お客様と話ができて、いろいろな意見を聞かせていただけるこの物産展は天たつにとっても大変ありがたいものです。
何より嬉しいのが、
「これこの間買って食べたけど、ほんと美味しかったよ」
といったお声。
私のエネルギー源です。
これからもたくさん嬉しいお声をいただけるように会社一丸となって精進します!
本日、新宿京王百貨店福井県物産展最終日。
張り切っていってきます!

2012/1/28 越前うに屋11代目 本日、新宿京王百貨店福井県物産展5日目です!

甘海老昆布〆イメージ_convert_20121019092127
甘えび昆布〆
ぶり西京漬イメージ1_convert_20130110093212
天然ぶり西京漬
P3汐雲丹イメージ_convert_20121019085402
越前雲丹(えちぜんうに) 天たつ 
おはようございます。
今日も気持ちのいい朝を迎えました。
昨日で三日目となった新宿京王百貨店での福井県物産展。
日曜日という事で早い時間からたくさんのお客様にご来場いただきました。
突然ですが、今回の新宿京王百貨店福井県物産展での天たつ人気商品トップ3をつけてみました!
一番は・・・やはり越前仕立て汐雲丹でした。
ご自宅用の簡易プラスチック容器が多く購入いただいております。
二番手は・・・甘えび昆布〆です。
毎日30縲怩T0個福井から入荷するこの甘えび昆布〆は毎日完売となっております。
昨日はご来店いただいた皆様には大変申し訳なかったのですが夕方前頃には売り切れてしまいました。
本日も入荷いたします。
三番手は・・・天然ぶり西京漬です。
この時期トロトロに脂がのっており、お勧めの一品です。
ミソをつけたまま香ばしく焼いていただくのがコツです。
以上新宿京王百貨店福井県物産展での天たつ人気商品トップ3でした!
本日で新宿京王百貨店福井県物産展5日目。
本日も張り切っていってきます!

2012/1/27 越前うに屋11代目 本日4日目、2013年福井県物産展も折り返しです!

ぶり西京漬イメージ1_convert_20130110093212
天然ぶり西京漬
P2イメージ_convert_20121019092044
越前雲丹(えちぜんうに) 天たつ 
おはようございます。
東京の空は青く晴れ渡っています。
気持ちの良い朝です。
2013年福井県物産展も本日で4日目となり、折り返しとなりました。
昨日は土曜日という事で、たくさんの方にご来場いただきました。
本当にありがとうございます。
今回は三人でのぞみました福井県物産展。
そのおかげできてくださった皆様と少し話すゆとりを持つ事ができました。
それこそ年に一度しかお会いできない方もたくさんいらっしゃいます。
皆様とお話ができて本当に良かったです。
ただ、昨年はお届けしたのに、今年はきていないという事で、数人のお客様からお話をいただきました。
本当に申し訳ございませんでした。
来年からは間違いなくご案内させていただけますよう案内ハガキをお送りさせていただきます。
ご案内ができなかった皆様には、心よりお詫び申し上げます。

2012/1/24 越前うに屋11代目新宿京王百貨店福井県物産展本日より開始です!

DSC00544_convert_20090502013015.jpg
のどぐろいしる干し
P1イメージ_convert_20121019085336
いくらうに漬け 甘えびうに漬け
越前雲丹(えちぜんうに) 天たつ 
おはようございます!
今朝は東京新宿で朝日を浴びております。
本日より、新宿京王百貨店7階大催事場にて福井県物産展開催となります!
昨日も朝早くから東京に入り、今日からの準備をしておりました。
今年の目標はたくさんの方とお話をする事。
たくさんの方とお話ができますように人を一人増やし三人体制でおります。
皆様とお会いできるのが楽しみです。
改めまして概要を書きますので、もしお近く寄られました際にはどうぞご来場いただき、福井のおいしい食べ物、名産、工芸品などをご覧になっていってくださいませ。
************************************
【第17回 福井県越前若狭の物産と観光展】
会期 : 2013年1月24日(木) から 1月29日(火)
時間 : 10:00 から 20:00(最終日は17:00閉場となります)
場所 : 新宿京王百貨店7階大催事場
内容 : 福井県の美味、名産、工芸品などの店舗70店以上が一堂にそろう物産展です。
天たつ商品: 
越前仕立て汐雲丹、あわびうに漬け、甘えびうに漬け、いくらうに漬け、甘海老昆布〆、へしこ酒あらい、へしこさんま、甘海老飯の素、かに飯の素、雲丹塩、海老塩、このわた、ばちこ、天然ぶり西京漬、のどぐろいしる干し、若狭かれい一夜干し、雲丹豆、もみわかめ、黒作り、いか糀漬け、蟹の華、雲丹ピーナッツ
*************************************

2012/1/21 越前うに屋11代目 2013年度福井県物産展もうじき開催です!!

ぶり西京漬イメージ1_convert_20130110093212
天然ぶり西京漬
汐雲丹イメージ_convert_20121019092140
越前雲丹(えちぜんうに) 天たつ 
おはようございます!
今朝の福井もどんよりと曇った空が広がっています。
福井の冬は湿度が高いため女性の肌にはとってもよく、昔から福井の女性はきれいな方が多いと聞きます。
天気の悪い福井の冬も悪いことばかりではありません。
さて、今年も開催いたします。
「2013年度 第17回福井県の物産と観光展」のご案内です。
************************************
【第17回 福井県越前若狭の物産と観光展】
会期 : 2013年1月24日(木) から 1月29日(火)
時間 : 10:00 から 20:00(最終日は17:00閉場となります)
場所 : 新宿京王百貨店7回大催事場
内容 : 福井県の美味、名産、工芸品などの店舗70店以上が一堂にそろう物産展です。
天たつ商品: 
越前仕立て汐雲丹、あわびうに漬け、甘えびうに漬け、いくらうに漬け、甘海老昆布〆、へしこ酒あらい、へしこさんま、甘海老飯の素、かに飯の素、雲丹塩、海老塩、このわた、ばちこ、天然ぶり西京漬、のどぐろいしる干し、若狭かれい一夜干し、雲丹豆、もみわかめ、黒作り、いか糀漬け、蟹の華、雲丹ピーナッツ
*************************************
今回も私天野準一が店頭で皆様のご来場をお迎えさせていただきます。
天たつの出展も今年で4回目となる今物産展。
この物産展でしかお会いできない方もたくさんいらっしゃいます。
皆さんと少しでもお話しする時間をつくれたらと思い、今回は店頭の従業員を一人追加して3人で伺います。
皆様にお会いできますこと、心より楽しみにしております。
天たつ 天野準一

2013/1/16 越前うに屋11代目ふくい片町青年会研修旅行行きました!

写真
新物このわた
写真 2
越前雲丹(えちぜんうに) 天たつ 
おはようございます!
今朝の福井も寒いですが日中は気温も緩んでくるとのこと。
昨日は関東地方で大雪が降り事故もたくさん起きたと聞きます。
実は私の妻も大雪当日福井に電車で帰ってきたのですが、妻は予定通り帰れたのですが東京駅まで車で送ってくれた義父が、いきは40分で着いた道のりを帰りは6時間かかったとのことでした。
さて、ちょうどその日ではあったのですが1/13,14でふくい片町青年会研修旅行を開催しました。
今年も私が企画させてもらいました。
ガッツリと研修をする内容の研修旅行です。
まずは静岡県の舘山寺温泉さんに行き、「天然トラフグのブランド化」について、舘山寺温泉観光協会さんにお話をうかがいました。
もともと静岡沖はトラフグがたくさんとれる漁場です。
ただトラフグの加工は資格が必要で、静岡には資格のあるか工場がなかったのでこれまではすべて下関など他県に販売をしておりました。
しかし舘山寺温泉組合の有志が「地元のフグを伝えたい」ということで皆で加工場を作り温泉場で天然トラフグが食べられるということで売り出して10年になるとのこと。
加工場も見せていただき、今の現状、これからの課題などをきかせていただきました。
大変勉強させていただきました。
そして次に向かったのは愛知県西尾市にあります離島「作久島」でした。
こちらは島の自然の風景の中にアートを取り込み、まるで島全体が美術館になったような島。
「アートで島おこしを」ということでこちらも10年前から有志で取り組み始め、今では当時の二倍以上の観光客が島に訪れており、ピーク時は島に渡るフェリーで二時間待つこともあるとか。
西尾市役所の方と有志の初代会長さんにお話を伺うことができ、大変有意義な勉強をさせていただきました。
写真 (6)
この日程を一泊二日で今回開催したのですが、わかったことが二つあります。
一つは、町おこしには熱意ある人間が数人必要であること
二つは、成果が出るには時間がかかること
両方とも成果が出ずにつらい時期もあったと聞きました。
熱意ある人達が、腰を据えて、行動し続けることこそが町おこしへの正攻法なんだと、今回教えていただきました。
舘山寺温泉観光協の皆様、西尾市作久島振興課様、そしてさざなみのご主人様、このたびは大変お世話になりました。
そしてたくさん勉強させていただき本当にありがとうございました。

2013/1/10 越前うに屋11代目 天然ぶり西京漬販売開始!そして新商品開発!

ぶり西京漬イメージ1_convert_20130110093212
天然ぶり西京漬
P3汐雲丹イメージ_convert_20121019085402
越前雲丹(えちぜんうに) 天たつ 
おはようございます!
今年も天然ぶりが脂がのってきました。
本年も天然ぶり西京漬販売開始です!
毎年この時期に脂がのってくる天然ぶり。
1月から3月限定で販売となります。
写真
入荷した天然ぶりです
IMGP1073_convert_20130110092929.jpg
天然ぶりは開くと身は霜降り状態です。
昨日、一昨日と入荷した天然ぶりは10kgを越える大きなもので脂ののりも上々。
これだけ脂がのっていますと、焼き物、煮ものなんかにするとおいしいんですよね。
そんなわけでただ今天然ぶりをつかった新商品開発を進めております。
うまくいけば今月末頃にはご紹介できるのではないでしょうか。
またご案内いたします。
脂ののった天然ぶり、今だけの旬になりますのでどうぞお楽しみください!

2013/1/7 越前うに屋11代目 新物海鼠腸(このわた)で考える旬

DSC07360_convert_20091005082120.jpg
銀だら西京漬
DSC06827_convert_20090728014234.jpg
越前雲丹(えちぜんうに) 天たつ 
おはようございます!
福井では少し前に降った雪も最近の雨でだいぶ溶けてきました。
こんな時は朝晩雪が凍り足元が悪くなります。
皆様ご注意ください。
今週半ばから雪が降り始めそうな様子です。
たまっている雪が凍りになり、根雪となって雪が積もっていくととっても頑丈な雪になります。
雪かきなど腰の折れるお仕事が増えるかと思いますがお体にはご注意くださいませ。
昨日も自宅で妻と二人でお酒を飲んでおりました。
二人といっても飲んでるのは私だけで、妻は紅茶で付き合ってくれている感じでしたが、お酒のみの私は一緒に飲んでいてくれるだけで嬉しいんです。飲んでるものは問いません。
写真
酒の肴には新物の海鼠腸このわた)。
昨年末にとれ始めた日本海の冬のナマコ。
真ん丸に太り、卵もたくさんついています。
そんなナマコの腸を塩漬けにしたものが「海鼠腸(コノワタ)」になります。
漢字を改めて見ますと面白いですね。
海のネズミの腸と書いてコノワタですもの。
天たつでは年間通してコノワタを扱っております。
新物の時期というのはナマコの腸のプリッと感が一年で一番強く、かみしめるごとに旨味が湧き出てきます。
鼻を抜ける磯の香も心地よく、お酒が進む進む。
飲みながら考えておりました。
今の時代旬のものという考えが薄れつつあります。
世界中から食が届くので年中どこかではとれているんですよね。
じゃあ食の「旬」っていつなんでしょう。
私の個人的な考えですが、食の旬というのは時期と場所の限定条件のもとに生まれるのではないかと思います。
もっというと旬とは「地域」にあるのではないかと思います。
私が住む北陸福井の地域にある旬。
それは北陸福井でとれたもの、作ったものを今その場で食べて一年で一番美味しい時、を旬というのではないかと。
極端に言いますと同じ食材でも日本中で旬の時期は地域それぞれにある、ということです。
もちろん外国でとれた原料が日本に根付いてなかなか旬の時期の分かりにくい食もあります。
それはそれで良しとして、日本の各地域で取れる食材に関してはその地域の持つ「旬」をしっかりととらえ、伝えていくことが地域の魅力につながるのではないでしょうか。
と、お酒を飲みながら、昨夜ぼんやりと考えておりました。