カテゴリー別アーカイブ: このわた

2013/1/7 越前うに屋11代目 新物海鼠腸(このわた)で考える旬

DSC07360_convert_20091005082120.jpg
銀だら西京漬
DSC06827_convert_20090728014234.jpg
越前雲丹(えちぜんうに) 天たつ 
おはようございます!
福井では少し前に降った雪も最近の雨でだいぶ溶けてきました。
こんな時は朝晩雪が凍り足元が悪くなります。
皆様ご注意ください。
今週半ばから雪が降り始めそうな様子です。
たまっている雪が凍りになり、根雪となって雪が積もっていくととっても頑丈な雪になります。
雪かきなど腰の折れるお仕事が増えるかと思いますがお体にはご注意くださいませ。
昨日も自宅で妻と二人でお酒を飲んでおりました。
二人といっても飲んでるのは私だけで、妻は紅茶で付き合ってくれている感じでしたが、お酒のみの私は一緒に飲んでいてくれるだけで嬉しいんです。飲んでるものは問いません。
写真
酒の肴には新物の海鼠腸このわた)。
昨年末にとれ始めた日本海の冬のナマコ。
真ん丸に太り、卵もたくさんついています。
そんなナマコの腸を塩漬けにしたものが「海鼠腸(コノワタ)」になります。
漢字を改めて見ますと面白いですね。
海のネズミの腸と書いてコノワタですもの。
天たつでは年間通してコノワタを扱っております。
新物の時期というのはナマコの腸のプリッと感が一年で一番強く、かみしめるごとに旨味が湧き出てきます。
鼻を抜ける磯の香も心地よく、お酒が進む進む。
飲みながら考えておりました。
今の時代旬のものという考えが薄れつつあります。
世界中から食が届くので年中どこかではとれているんですよね。
じゃあ食の「旬」っていつなんでしょう。
私の個人的な考えですが、食の旬というのは時期と場所の限定条件のもとに生まれるのではないかと思います。
もっというと旬とは「地域」にあるのではないかと思います。
私が住む北陸福井の地域にある旬。
それは北陸福井でとれたもの、作ったものを今その場で食べて一年で一番美味しい時、を旬というのではないかと。
極端に言いますと同じ食材でも日本中で旬の時期は地域それぞれにある、ということです。
もちろん外国でとれた原料が日本に根付いてなかなか旬の時期の分かりにくい食もあります。
それはそれで良しとして、日本の各地域で取れる食材に関してはその地域の持つ「旬」をしっかりととらえ、伝えていくことが地域の魅力につながるのではないでしょうか。
と、お酒を飲みながら、昨夜ぼんやりと考えておりました。

2011/12/22 11代目新物海鼠腸(このわた)入荷!

このわたイメージ_convert_20111222090959
356_convert_20111213084129.jpg
P3_イメージ_convert_20111210093338
おはようございます!
皆さまお待ちかね!
いや、酒飲みの皆さま、お待ちかね!
新物海鼠腸(このわた)入荷しました!
DSC03513_convert_20111222091034.jpg
竹筒入り30g 2100円。
DSC06309_convert_20111222091050.jpg
自宅用45g 2730円
DSC02845_convert_20111222091116.jpg
焼き物容器入り45g 2940円
273_convert_20111222091143.jpg
焼き物容器入り65g 4200円
酒飲みの方には、ぜひ味わっていただきたいです。
もちろん、お酒を飲まれない方にもお勧め。
天たつの社長はご飯にのせて食べていますから!
海鼠腸とはなまこの腸の塩辛のようなもので、磯の風味の強い食べ物。
特にこの「新物」は一本一本の腸がプリップリしていて、噛むごとに磯の旨味、香りが口の中に広がり、なんとも言えず美味いんです。
お酒を好まれる方は、必ずといっていいほどお酒が飲みたくなります・・・
今が良い時期の海鼠腸(このわた)
ぜひお求めくださいませ。
それでは今日も一日よろしくお願いします!
 

12/15 11代目天たつに越前がにが・・

おはようございます。
今朝の福井は寒いです・・
今は雨が降っているのですが、雪でも降りそうな気温です。
今年は積もる、といろいろな方から聞きます。
雪国福井に生まれて、自分は雪が大好きです。
雪が降ると町が静かになり、夜でも明るくなります。
「今年も冬が来たなぁ」
と実感できるのも、雪が降り始めてから。
個人的には楽しみです、が沿うじゃない方もいらっしゃると思います。
今年も、「ほどほど」にふってくれるといいですね。
本日も天たつ片町本店越前仕立て汐うに越前がに販売】は9時より営業いたします。
今日も一日よろしくお願いします!
さて、昨日天たつに大きな大きな越前がに、せいこがにがきました。
大きさは、小型の冷蔵庫ぐらいでしょうか・・・
もちろん、本物ではありません。
看板です。
P2010_1215_083303.jpg
こちらができるまでに、何回もデザイナーさんとやり取りをしてやっと完成しました。
こだわりは、この文字の量!!
普通看板にはこんなに細かく文字を入れず、ビジュアルだけで見せるものです。
しかし、天たつの越前がに・せいこがには(他の商品もそうですが)高額なことも有り、よく説明しないとなかなか買いずらい商品です。
それを看板に書きました。
ずばり、
「夜の町方町のタクシーの運転手さんに読んでもらい、語ってもらおう!!」
作戦です。
天たつのある方町は夜になると、歓楽街へと変身します。
そして、道の脇にはながーいタクシーの列が。
その運転手の皆さんは天気がよければ車から出て他の運転手さんと話をしています。
そのときにライトアップされた看板があれば、読んでもらえるんじゃないかなぁ・・・という発想。
もちろん、タクシーの運転手さんではなくても、片町においでになったときはいちで天たつの看板を覗いてみてください。
全部読むのに、5分以上はかかるでしょうか・・・